稲垣吾郎「甘い余韻が残るような男に」新CM会見で今後の意気込みを語る!

2020/10/15  YESNEWS 

稲垣吾郎が15日、都内で行われた「ブレンドコーヒー」リニューアル会見に出席。「甘い余韻が残るような男を目指して頑張りたい」とコーヒーに絡めて今後の意気込みを語った。 https://yesnews.jp/archives/8514

ファミリーマートが運営する「FAMIMA CAFE」の主力商品「ブレンドコーヒー」のリニューアル、そしてスペシャルコーヒー「高級モカブレンド」の発売を記念して行われた同会見。鮮やかなブラウンカラーのジャケットとパンツで登場した稲垣は、「モカブレンドのカラーを意識しました」とにっこり。

 

世界一のバリスタ 、粕谷哲(かすやてつ)氏とタッグを組み、豆の配合や焙煎方法などを一から見直した今回のリニューアル。実際にリニューアル後のコーヒーについて、「本当に美味しかった。とても幸せな気持ちになりましたね。酸味がある分、甘さが引き立つので、すごく良いバランスでした」とコーヒー好きならでは、深みのあるコメントも飛び出した。

新旧を飲み比べし、「リニューアル後」のコーヒーを当てるテイスティング会では、「間違ったらまずいですね」「難しいんですよ。リニューアルする前も美味しいので……」としつつも見事正解し、「やった〜!」と全身で安堵を体現する一幕も。

最後は、「コーヒーのように甘い余韻が残るような男を目指して頑張っていきたいと思います」と自身の今後の意気込みも絡めて語っていた。

 

 

同会見には、粕谷哲氏も登場。「目指しているのは世界でいちばん美味しいコンビニコーヒー」としつつ、以下のようにコメントしてくれた。

「美味しいコーヒーの条件として「冷めても美味しいこと」。加えて、特にこだわったのは、「甘い」という新しい視点の味覚と、もう一口もう一杯飲みたくなるような味作りです。特に「高級モカブレンド」は、僕にとっても傑作。それを120円で発売してしまうのは大変だなと思います(笑)。苦みやコクといった従来のコーヒーの評価基準以外の視点でファミマのコーヒーを楽しんでもらえたらと思います。」

 

記者会見後には、試飲会も実施された。リニューアル後のコーヒーは、砂糖やミルクを入れず、そのままブラックで試飲しても、ほのかな甘味が感じられ、マーケティング担当者や粕谷氏の紹介どおり、最後の一滴まで美味しく楽しめる商品になっていた。 ちなみに、飲んだ後に、「違いがわかった?」という感想投票ボードがあったのだが、記者陣も「わかった」のほうに票が集まっていた!

 

スペシャルコーヒー「高級モカブレンド」は10月20日(火)から全国のファミリーマート約16000店にて発売予定。



他の画像

関連業界