公共安全LTEの市場規模、2025年には154億米ドル到達予測 COVID-19影響下の通信規格として採用が拡大し市場規模を維持

2020/10/16  株式会社 グローバルインフォメーション 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「公共安全LTE (PS-LTE) の世界市場 (~2025年):E-UTRAN・EPC - COVID-19の影響」 (MarketsandMarkets) の販売を10月16日より開始いたしました。

公共安全LTEの市場規模は、2020年の59億米ドルから2025年には154億米ドルに達し、CAGR21.1%で成長すると予測されています。異なるネットワーク間で相互接続性の問題を解消するためのLTE技術の採用、世界的な無人自動車の需要増加、LTE技術が提供するシームレスなデータ接続、COVID-19パンデミック下で必要となった、効率的で大規模なネットワーク容量などが、市場の成長を後押しすると予想されます。

 

COVID-19 の公共安全LTE市場への影響

 

2020年の市場は、下落傾向となる可能性があります。これは、世界各国でのロックダウンが長期化し、OEMのサプライチェーンによる影響や、工場閉鎖などが主な原因です。OEMは、パンデミックによる混乱やソーシャルディスタンスにより、供給に応じてくれるベンダーを見つけることが難しく、既存および新規の展開を遅らせることになりました。一方で、必要不可欠なサービスにおいて重要な役割を果たす公共安全LTEは、通信規格としての採用が拡大し、COVID-19前の予測を上回る市場規模を維持することが期待されています。これは、COVID-19の影響下で、公共安全機関の迅速な対応を確保するために、効率的な通信の必要性が高まっていることが主な要因となっています。

 

牽引要因:COVID-19影響下での効率的なネットワーク容量の必要性

 

COVID-19影響下で、健康と安全に責任を持つ組織は、救急隊員、消防士、警察、医師、看護師、その他の職員で構成される、最前線の人々です。彼らは、この世界的な危機を緩和するために、より多くの無線機とネットワーク容量を必要としています。医療従事者と警察は、発生を適切に監視するために、より多くの通信端末とネットワーク容量を必要としています。

 

パンデミックにより、新しいタイプのグループ通信の必要性が高まっています。公共安全機関のオペレーターは、クロスファンクショナルチームとしての作業を超えて協力する必要があります。公共安全LTE 技術は、相互接続性の問題を排除することでオペレーターにメリットをもたらし、その結果、グループ通信の際に追加の利点を提供しています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama955147-public-safety-lte-market-covid-impact-analysis-by.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



他の画像

関連業界