経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の市場規模、2020年は24億2400万米ドルに 低リスクの患者のTAVRへのシフトが進む

2020/11/19  株式会社 グローバルインフォメーション 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「米国の心臓手術・人工心臓弁市場(2020年~2026年)COVID-19の影響:MedSuite」 (iData Research Inc. ) の販売を11月19日より開始いたしました。

2020年の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の市場規模は24億2400万ドルと評価されました。この数値は、COVID19の影響により2019年から13%減少したものです。TAVRは、重度の大動脈弁狭窄症患者において、病変した大動脈弁を置換する低侵襲手術です。 大動脈弁狭窄症は最も一般的な大動脈弁の病気であり、米国では、65歳以上を中心に120万人以上の大動脈弁の石灰化が報告されています。

 

何十年もの間、開心術的大動脈弁置換術(SAVR)は重度の大動脈弁狭窄症に対する標準的な治療法でしたが、最近では急速にSAVRからTAVRへのシフトが進み、手術リスクが高い患者にも行われるようになりました。これは、TAVRの臨床試験の結果が優れており、SAVRと同等かそれ以上の治療成績を残しているためです。しかし、大動脈弁の長期的な耐久性と安全性を疑う意見が少なくないため、事前の説明なしに実現できるものではありません。

 

低リスクの患者プロファイルを対象としたTAVRの承認が市場を牽引

 

2019年8月、FDAは経カテーテル心臓弁の適応を低リスク患者に拡大しました。Edwards SAPIEN 3®とMedtronic社のCoreValve Evolut R®システムはともに、この適応症の承認を取得しました。両製品とも従来の手術法と同等かそれ以上の結果を出した臨床試験の成功を受けて、今回の承認は広く期待されていました。この新しい承認により、低侵襲な方法で治療を受けることができる患者が大幅に増加します。2026年までには、TAVR患者の最大50%が低リスクに分類され、治療を受けると予測されます。

 

多くの外科医は、手術の低侵襲性を理由に、SAVRよりもTAVRを希望する患者が増えると予測しています。しかし、長期的な耐久性の臨床データの欠如がTAVR市場の拡大における主な抑制要因になると考えられます。承認プロセスの一環として、登録された患者を監視して、10年間にわたる長期の大動脈弁の耐久性を判断します。

 

低リスク患者のTAVRの承認を受け、CEPDの拡大が決定

 

死亡率の増加と生活の質低下に関わる障害性脳卒中の発生によって、TAVRの利点が弱められています。TAVR技術の進歩にもかかわらず、脳卒中は依然として重大な合併症であり、否定的な結果を伴います。これらの大部分は、脳塞栓が頻繁に起こるTAVR後の急性期に発生します。脳塞栓防止装置は、TAVR中の周術期の虚血性脳卒中のリスクを最小限に抑えるために開発されており、米国のTAVR処置のほぼ40%が2026年までにCEPDを使用すると予想されています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/ida967883-cardiac-surgery-heart-valve-device-market-report.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



他の画像

関連業界