コロナ禍において2000名以上が参加|Digima〜出島〜主催|オンライン&オンラインのハイブリッド型展示会『海外ビジネスEXPO2020東京』を開催

2020/11/20  株式会社 Resorz 

2020年11月5日(木)〜6日(金)の2日間、東京国際フォーラムにて、2020年11月11日(水)〜13日(金)の3日間オンラインにて『海外ビジネスEXPO2020東京』を開催いたしましたのでお知らせいたします。 『海外ビジネスEXPO』とは、海外ビジネスに関する、あらゆる情報およびサービスが集結する「海外ビジネス総合展」。6年目となる今年は、東京の代表的国際コンベンションセンターである東京国際フォーラム・ホールB7にて、昨年に続く2回目の開催となりました。さらに新しい挑戦として、世界経済がコロナ禍で停滞せざるを得ない2020年だからこそ、オフライン&オンラインの双方からの参加が可能な、ハイブリット型の展示会として、オフライン型のリアルな『海外ビジネスEXPO2020』の翌週に、オンライン展示会システム(EventHub)を利用した『オンラインEXPO』も併せて開催いたしました。

 

2020年11月5日(木)〜6日(金)の2日間、東京国際フォーラムにて、『海外ビジネスEXPO2020東京』を開催いたしました。

 

『海外ビジネスEXPO』とは、海外ビジネスに関する、あらゆる情報およびサービスが集結する「海外ビジネス総合展」。6年目となる今年は、東京の代表的国際コンベンションセンターである東京国際フォーラム・ホールB7にて、昨年に続く2回目の開催となりました。

EXPO_2020_TOKYO_01.jpg

2020年11月現在のコロナ禍の中で、このような海外ビジネスの展示会を開催するべきか否か、慎重に議論を重ねて参りました。事実、さる2月27日に『海外ビジネスEXPO2020福岡』の初開催を予定しておりましたが、当時の日本国内での新型コロナの状況を鑑み、開催前日の同月26日に、苦渋な判断として、延期を決定させていただいた過去がありました。

 

今回、それより約7ヵ月後の9月10日に開催した『海外ビジネスEXPO2020福岡』に続いて、ここ東京にて『海外ビジネスEXPO2020東京』の開催を決定しましたのは、「日本企業による海外進出をこのまま止めてはならない」という判断からでした。

 

閉塞感に包まれる日本にイノベーションを起こすのは海外ビジネスです。実際に現在のコロナ禍の中でも、弊社に寄せられる海外ビジネスのご相談は、今なお増加傾向にあります。困難な時代の中でも、グローバルマーケットにチャンスを見いだす日本企業の海外展開を後押しするためにも、この『海外ビジネスEXPO』を開催させていただいた次第です。

 

さらに新しい挑戦として、世界経済がコロナ禍で停滞せざるを得ない2020年だからこそ、オフライン&オンラインの双方からの参加が可能な、ハイブリット型の展示会として、オフライン型のリアルな『海外ビジネスEXPO2020』の翌週に、オンライン展示会システム(EventHub)を利用した『オンラインEXPO』 も併せて開催いたしました。

『オンラインEXPO』 は、リアルの『海外ビジネスEXPO2020東京』同様に、海外ビジネスの専門家によるセミナー聴講や、オンラインでのブース出展をしている海外ビジネス専門家とのチャットやオンラインミーティングが可能となっている、その名の通り、WEB上のオンラインにて実施する〝バーチャル(デジタル)展示会〟として実施いたしました。

ON-LINE-EXPO_01.jpg

そして、このような状況にも関わらず、本年も、外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)にご後援いただき、オフライン型のリアル展示会である『海外ビジネスEXPO2020東京』には、2日間合わせて延べ951名(1日目:513名 / 2日目:438名)の方々にご来場いただきました。さらにオンライン型のバーチャル(デジタル)展示会である『オンラインEXPO』にも、約1,000名以上の方にご参加いただき、オフラインとオンライン合わせて、計2,030名の方にご来場いただきました。

 

リアルなオフライン会場では、海外ビジネスに関するお悩み及びご要望にお応えする「アウトバウンドゾーン」、「アウトソーシングゾーン」、「インバウンドゾーン」、「セミナーゾーン」の4つのゾーンを設置。

全世界130ヵ国700社の海外ビジネスサポート企業と提携する『Digima〜出島〜』ならではの、あらゆる国とジャンルとテーマを網羅した多様性のある企業及び団体の皆様による50ブースの出展および、海外ビジネス専門家の方々による23のセミナーの開催をすることができました。

 

本イベントの目玉である「基調講演」としては、1日目に『今後4年間の「アメリカ経済」徹底解説セミナー』と題し、パシフィック・アライアンス総研の渡瀬裕哉氏にご登壇いただき、11月3日に行われたアメリカ大統領選挙を巡って、海外ビジネスへの影響や今後の展望について語っていただきました。

 

続く2日目には『世界のコロナ禍を体験した専門家が語る! アフターコロナにおける「世界各国の変化」と「海外ビジネス」』と銘打ったパネルディスカッション方式のセミナーを開催。弊社代表の兒嶋のファシリテートで、コロナ禍を各国で過ごした海外ビジネス専門家として、株式会社クレディセイフ企業情報の中村裕幸氏、COUXU株式会社の大村晶彦氏、ノーツ株式会社の近藤岳裕氏の3名にパネリストとしてご登壇いただきました。

EXPO_2020_TOKYO_02のコピー.jpg

リアル展示会が無事終了した翌週には、11月11日〜11月13日の3日間に渡って『オンラインEXPO』を開催。先述のように約1,000名以上の方がこのオンライン上のデジタル(バーチャル)展示会にご参加頂きました。

 

この『海外ビジネスEXPO』というリアルなオフラインとバーチャルなオンラインの2つのプラットフォームで生まれたネットワークが、日本の海外ビジネスの発展だけでなく、新型コロナ禍という困難な状況の中、さらなる〝分断〟に揺れ動く世界を、未来への〝調和〟へ導く力となることを願ってやみません。

 

改めて、この開催報告の場をもって、『海外ビジネスEXPO』にご来場いただいた皆様、ご出展いただいた企業様、このイベントに携わってくださった全ての皆様に感謝を申し上げます。今後も、株式会社Resorzでは、海外ビジネスに携わる皆様が、リアルとバーチャルな場でご交流いただける、オフライン&オンラインのプラットフォームを提供して参ります。

 

そして、きたる2020年12月16日(木)には、関西では3回目となる『海外ビジネスEXPO2020大阪』 をマイドームおおさかにて開催いたします。

続く同月17日(木)・18日(金)には、東京同様に『オンライン海外ビジネスEXPO』 を開催いたします。 ( https://www.digima-japan.com/expo/osaka2020/ )

 

皆様のご期待にお応えできるよう、運営スタッフ一同、誠心誠意サービス向上に取り組んで参ります。今後ともご支援とご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。

 



他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース

「ユニヴァーサルデザイン検定(UD検定)・初級」 オンライン開催 2020/09/03 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会
「IAUD国際デザイン賞2020」 募集のご案内 2020/06/30 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会