カバンに入れて持ち運べる、ロールタイプの“マイレジ袋”が登場!手で簡単にカットできるミシン目付き、環境に優しいバイオマス原料30%配合タイプも

2021/02/22  株式会社 折兼 

2020年7月にレジ袋有料化がスタートし、同年12月の調査では利用者の71.9%がレジ袋を辞退していることが判明。しかし一方で、プラスチック製買物袋をまとめ買いする人が増えるなど、ニーズは依然として高い状態が続いています。そこで誕生したのが、場所を取らないコンパクトさを追求した「ロール手さげ袋」。丸底タイプのため、抜群の汎用性と強度を備えた商品です。

株式会社折兼(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:伊藤 崇雄)および、折兼のプライベートブランドを企画・製造するグループ会社である株式会社パックスタイルは、2021年2月8日(月)、携帯に便利なロール状のレジ袋「ロール手さげ袋」を発売しました。HDPE(高密度ポリエチレン)に植物由来の原料を30%配合した「バイオマスロール手さげ袋」とあわせて、2タイプを取り扱っています。

 

▼「ロール手さげ袋 乳白」商品ページ(「パックスタイル」公式ウェブサイト):

https://www.packstyle.co.jp/product/3630/

00659615-01.jpg

 

 

▼「バイオマスロール手さげ袋 乳白」商品ページ(「パックスタイル」公式ウェブサイト):https://www.packstyle.co.jp/product/3634/

00659616-01.jpg

 

 

 

■2020年12月の調査では71.9%がレジ袋を辞退、しかしレジ袋のまとめ買い需要は増大

プラスチックを含む一般廃棄物や海洋ごみの問題などが深刻さを増すなか、2020年7月1日に全国の小売店でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。2020年12月に発表された環境省の調査によれば、レジ袋の受け取りを辞退する人の割合が3月には30.4%だったのに対し、11月末に71.9%へと急伸*。人々の意識や行動に与えた影響の大きさが浮き彫りとなりました。

 

しかし一方で、レジ袋を店頭で買うのはもったいないと、割安なまとめ購入が増加。買い物用に持ち歩くのはもちろん、使用後は家庭のゴミ袋として使用されているケースが散見されており、レジ袋へのニーズは依然として高い状態が続いています。

 

*2020年12月9日付、環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室「みんなで減らそう レジ袋チャレンジ」広報事務局「令和2年11月レジ袋使用状況に関するWEB調査」(PDF):http://plastics-smart.env.go.jp/rejibukuro-challenge/pdf/20201207-report.pdf

 

 

■場所を取らないコンパクトさを追求、丸底タイプで汎用性も強度も抜群

そこで折兼がグループ会社のパックスタイルとともに商品化を目指したのが、携帯しやすさを重視したレジ袋です。ロール状を採用することで、コンパクト化を実現。1ロールあたり直径50ミリ×高さ100ミリと、場所を取らずにカバンに入れて持ち運びすることが可能です。

 

枚数は、1ロールで30枚。ミシン目がついているため、手で簡単に切り離すことができるのも特徴です。強度の高い丸底タイプの手さげ袋なので、入れる中身によって形状が変化。そのため、弁当や日用品はもちろん、丸いリンゴやオレンジなどを入れても袋がかたよることなく使用できます。

00659615-02.jpg

 

コストパフォーマンスに優れた通常のポリエチレンタイプのほか、環境に配慮したバイオマス原料30%配合タイプも用意。日常生活の中で、無理なく環境保全に貢献することができる製品です。

00659616-03-1.jpg

 

■商品情報

<ロール手さげ袋 乳白(30枚×2本)>

1ケース60個入り(ケース販売のみ)

価格:8,950円(税別)

購入ページ:https://www.packstyle.jp/act-detail/genre-9/orikane_cd-00659615/

 

<バイオマスロール手さげ袋 乳白(30枚×2本)>

1ケース60個入り(ケース販売のみ)

価格:13,420円(税別)

購入ページ:https://www.packstyle.jp/act-detail/genre-9/orikane_cd-00659616/

 

・共通商品規格

1ロール:直径50×高さ100mm

袋展開時:幅250×高さ370mm

厚み:0.012mm

1ロール30枚巻き

 

 

【株式会社折兼について】

本社:〒451-0044 愛知県名古屋市西区菊井2-6-16

代表者:代表取締役 伊藤 崇雄

設立:1952年7月

電話番号:052-581-2501(代表)

URL:https://www.orikane.co.jp/

事業内容:食品包装容器、資材、衛生関連商品、環境対応品、厨房用品および包装機械等のトータル販売

 

 

【株式会社パックスタイルについて】

本社:〒451-0044 愛知県名古屋市西区菊井2-6-16

代表者:代表取締役 伊藤 崇雄

設立:2012年7月

電話番号:052-533-9171

URL:https://www.packstyle.co.jp/

事業内容:食品包装容器、衛生関連商品、環境配慮品、厨房用品の企画・製造、国内外からの調達・販売

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社折兼

担当者名:大岩・澤田

TEL:052-561-3662

Email:info@orikane.co.jp



他の画像

関連業界