#Weekend Movie ~ドキュメンタリー映画「MULLY」夜20時から!

2021/02/23  特定非営利活動法人 イマジン 

#Weekend Movie ~ドキュメンタリー映画「MULLY」夜20時から!
 今週末の2月27日(土)夜20時から、ドキュメンタリー映画「MULLY」がサイエントロジー・ネットワークで放映されます。  https://www.scientology.tv/ja/series/documentary-showcase/  ドキュメンタリー映画「MULLY」予告編はこちらからご覧ください。  https://www.scientology.tv/ja/series/documentary-showcase/mully/videos/trailer.html  ケニアで撮影された映画「MULLY」は、チャールズ・ムツア・ムリーの信じられないような、感動的な真実の物語。彼は6歳の時に親に捨てられ、通りでの物乞いから大富豪起業家になりました。 成功の頂点で、決定的な瞬間が、再び彼の人生を劇的な変化へと導き、路上で暮らすホームレスの何千もの子供たちを救い、引き取り、そして教育するために、彼の財産を投げ打ち、友人や家族を驚かせました。  チャールズ・ムリーの子供時代の劇的な再現と彼の人生の変化、そして見知らぬ子供たちのために人生を激変させるチャールズの決心に、最初は反対していた彼の妻と子供たちの率直なインタビューを捉えています。 時に、映画は単にハリウッド映画の脚本のようです。なぜなら、この驚くべき男は彼の心が彼に告げる道のみに従うからです。ムリー・ファミリー・グループの家と学校は1989年に創られ、チャールズ・ムリーと彼の妻エスターは、12,000人以上の孤児を引き取り、食事を与え、教育し、世界最大の家族を創っています。  このようなドキュメンタリー映画は、ハリウッドにあるテレビ局「サイエントロジー・ネットワーク」が、より良い世界を築くというビジョンを擁護している自主映画製作者に機会を提供しています。  サイエントロジーにとって重要なことは大規模な人道主義ミッションで、今や200カ国にまで及んでいます。そこには人権のためのプログラム、人間の良識、読み書き能力、道徳性、薬物防止、災害救援活動が含まれています。  上記のような運動を提唱した人道主義者のL. ロン ハバード氏は次のように述べています。  「もし人々が互いにコミュニケーションを取るようになり、しあわせへの道を互いに与え合うことが出来たら、間違いなく、世界は変わるでしょう」  特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、社会改善活動を応援しています。

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース