動画で受賞!セルフケア教室nobu先生、REPLO TOKYO(レプロ東京)の公式スポンサー、サポーター就任

2021/07/21  株式会社 ローズクリエイト 

オリンピック開催で注目。パラスポーツ「デフサッカー」を育てJリーグを目指すクラブチームの、トレーニング指導やケガ改善・リハビリをサポート。無料動画で多くの人に発信してきた技術が、障害者・健常者選手を育成!

日本身体運動科学研究所・理事として大きな社会貢献

2BAECAA6-EE9C-414F-8E00-A840EE4A4778.png

YouTubeチャンネルで、解剖学や運動学に基づくストレッチ・セルフケアテクニックを無料公開しているセルフケア教室nobu先生が、サッカークラブチームREPLO TOKYO(レプロ東京)の公式のスポンサー、サポーターに就任しました。

REPLO TOKYO(レプロ東京)

https://replotokyo.com/

 

セルフケア教室 nobu先生 YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCzVXTGThZ0nMiIhWWHacpjQ

 

nobu先生は、日本身体運動科学研究所理事を務めTikTokでは163,000人を超えるフォロワー、著作はAmazon8部門1位のベストセラー認定など大活躍の傍ら、満面の笑みで整体やセルフケアを全力解説・ほぼ毎日投稿しているYouTuberなのです。

全国で前例のないフットボールクラブ

デフサッカーは英語でdeaf(デフ、聞こえない人、聞こえにくい人)を意味する、聴覚障がい者のサッカーです。競技中は補聴器を外すことが義務付けられていて「音のないサッカー」と呼ばれ、ピッチ上ではアイコンタクトや手話でコミュニケーションし競技するパラスポーツです。REPLO TOKYO(レプロ東京)は、障害者サッカーと健常者サッカーを融合する、全国で前例のないフットボールクラブです。耳の聞こえない人たちのチャレンジを応援し、聴覚障がい者がデフサッカーを通して、スポーツ選手として育つこと、能力アップすることをサポートしながら、健常者選手のJリーグ進出も目指しています。

nobu先生はREPLO TOKYO(レプロ東京)のリハビリなどのコンディショニングを監修しながら、トレーニング指導やケガ改善などの選手育成をサポートします。

日経WOMAN賞も受賞、nobu先生の技術

7C967EAD-E2CD-4BF8-8FDC-D28394438B90.jpeg

nobu先生は、子供の頃から相撲やスキーで活躍しながら鎖骨・肋骨骨折など多くの怪我に悩まされてきた、ご自身もスポーツ選手でした。その苦難にもめげず鍼灸師、柔道整復師を学び始め、一日100人以上も来院する整形外科のリハビリや整体院の開業。その上で一人でも多くの人に健康になってほしいという想いで、貴重な技術の講義を無料公開しています。日本身体運動科学研究所の一員として、1万3000人以上が実践している 『関節トレーニング』を広めながら、TikTok投稿動画が日経WOMAN賞を受賞するなど、多方面から注目されています。

YouTubeからクラブチームまで、セルフケア教室nobu先生の今後の活躍も目が離せません。

0BE0E63E-8597-41CF-8A35-504932575939.png

REPLO TOKYO(レプロ東京)

https://replotokyo.com/

nobu先生 TikTok

https://www.tiktok.com/@nobu639?lang=ja-JP

セルフケア教室 nobu先生 YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCzVXTGThZ0nMiIhWWHacpjQ



他の画像

関連業界