歴史資料を活用したコンテンツ制作、業務効率化のための マニュアル制作サービスを提供開始

2020/05/28  株式会社 ボウラインマネジメント 

データマネジメント支援サービスとデータ保全サービス「Amberlt(アンバルト)」を展開する株式会社ボウラインマネジメントは、歴史プロデュース、歴史コンサルティングを手掛ける株式会社榎本事務所と提携し、組織が抱えている「お宝」資料を活用した歴史コンテンツ制作サービスと、業務効率化のためのわかりやすいマニュアル制作サービスの提供を開始いたします。

歴史資料を活用したコンテンツ制作サービス

組織の歴史を振り返ることで、組織の魅力や得意とする分野を再発見できます。その有益な情報は、組織のPRのほか、新商品や新サービスのヒントにもなり、マーケティングにも役立ちます。
そこで、「歴史的な価値のありそうな資料を整理して、有効活用したい」「社内に眠っているだけの資料はもったいない」とい声に応え、”わかりやすい“”面白い“かたちで蘇らせる、歴史コンテンツ制作サービスを提供します。

マニュアル制作サービス

社内規定、業務マニュアル、あるいは顧客向けの取扱説明書などは、事件・事故の発生やそれに伴う法律改正やガイドライン化により、どんどん分量が増える一方です。
しかしながら、たとえばセキュリティルールがしっかりと決められているにも関わらず、それが従業員に伝わっていなかったがために、情報漏えい事故を招いてしまうといったこともあり、看過できる問題ではありません。
そこで、「社内ルールが社員に浸透しない」「情報漏えい、サイバー攻撃に備え、セキュリティ関連のルールを強化し、わかりやすいマニュアルを作成したい」といった声に応え、 “わかりやすい”マニュアルの制作サービスを提供します。

関連業界

関連キーワード

情報・通信業界のニュース