印刷する

文書最終更新:2018/03/28

  • 2018/03/28更新

    全産業内の位置づけ

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2018/03/28更新

    市場規模

  • 2017/09/20更新

    市場最新トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

当業界の全産業内での位置づけ

アパレル産業は全産業内での相対的な規模は小さい

残り本文: 172文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

産業別名目GDP(2016年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

近年はSPA(製造小売業)化が進行し、ジャンル別に製造・販売の双方を手がける企業が多数存在

残り本文: 273文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

業界構造

主要企業

主要企業は品目によって異なる。SPA化の進展により製造・販売の両面において強い企業が存在

残り本文: 299文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

市場規模

アパレル製造業は3兆円規模。長期的には減少傾向だが、近年は横ばいで推移

残り本文: 292文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

繊維工業品の出荷額の推移
出所:経済産業省「工業統計 品目編」
1世帯当たり年平均1か月間の被服及び履物支出-二人以上の世帯
出所:総務省「家計調査(家計収支編)」

市場最新トレンド

好調に推移していた主要企業の業績は2016年8月以降、企業間でバラツキが出はじめている

残り本文: 250文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

主要アパレル事業者の売上高の昨年同月比
出所:各社公開資料(ウェブページ)
主要アパレル事業者の客単価の昨年同月比
出所:各社公開資料(ウェブページ)

業界環境に関する論点

アパレル業界においては、以下のポイントが今後の業界動向を左右する論点になると思われる。

1

国内総人口減少にともなう需要量減

人口減少時代に突入した日本において、アパレル市場が中長期的に縮小基調となる中、各業界及びその参入企業はどのように事業転換するか

2

SPA化の進行による川上・川下産業の統合

アパレル産業を中心に進んでいるSPA化による川上・川下産業統合の流れはどこまで進んでいくのか

3

M&Aによる業界再編の進行

川上・川下産業を含んだアパレル業界における業界再編はどこまで進むか

4

新しいチャネルとしてのインターネット通販の浸透

近年、存在感を増しているアパレルのインターネット通販は今後の消費者の生活をどのように変えるのか

5

新しいビジネスモデルであるレンタルやCtoCビジネスの台頭

レンタルビジネスやCtoCビジネスは定着をするのか。レンタルが浸透した場合ブランドの価値はどのように変わるのか

業界分類

※()は小分類数