印刷する

文書最終更新:2019/01/23

  • 2019/01/23更新

    全産業内での位置づけ

  • 2019/01/23更新

    市場最新トレンド

  • 2018/10/26更新

    市場最新トレンド

  • 2018/10/26更新

    市場規模

  • 2018/10/18更新

    市場最新トレンド

  • 2018/07/23更新

    市場最新トレンド

  • 2018/03/28更新

    全産業内の位置づけ

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2018/03/28更新

    市場規模

  • 2017/09/29更新

    市場最新トレンド

  • 2017/09/29更新

    市場規模

  • 2017/09/20更新

    市場規模

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

以下の業界(2業種)に所属する企業群

当業界の全産業内での位置づけ

教育業界はGDPで19.5兆円の規模であり全産業の3.6%を占めるが、就業者数では全産業の5.0%を占める労働集約的な産業である

 教育業界は名目GDPの規模は19.5兆円、一方で、就業者数は329万人で全産業の5.0%を占め、就業者数では比較的大きな業界の部類に入る。教育業界は構造的に労働集約的な業界であり、機械化、IT化による効率化の余地が他の業界よりも少ない。保育サービスの保育士や学習塾の講師、大学の教授などに代表されるように人が商品であり、一人当たりの生産性は一定程度で頭打ちになり、結果、経済規模の割に労働力が多い業界となっている。

産業別名目GDP(2017年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

教育業界は国の定める教育方針にしたがい構成される業界であり、その動向に影響を受けやすい

残り本文: 402文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界構造 業界構造 教育サービス 学校法人

市場規模

教育サービスの市場規模は6兆円。2011年にかけて市場は縮退したが、その後は横ばいで推移している

残り本文: 332文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

家計調査をベースとした市場規模推計
出所:総務省「家計調査(家計収支編)」、厚生労働省「国民生活基礎調査」より当方作成
1世帯当たり年平均の教育関連支出 総世帯
出所:総務省「家計調査(家計収支編)」

市場最新トレンド

教育支出は月により大きく変動し、4月と9月、10月に集中する。月による昨対比の変動の幅は大きいものの、近年は安定して推移している

残り本文: 261文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

家計における教育支出の月次推移
出所: 総務省「家計調査(家計収支編)」
家計における教育支出の前年同月比の推移
出所:総務省「家計調査(家計収支編)」

業界環境に関する論点

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ