印刷する

文書最終更新:2018/03/28

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2018/03/28更新

    全産業内の位置づけ

  • 2017/09/20更新

    市場最新トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

以下の業界(7業種)に所属する企業群

当業界の全産業内での位置づけ

名目GDP5.6兆円で就業者数は87万人。規模は小さいものの、他産業で用いられる素材や材料を製造する重要な役割を果たす

残り本文: 276文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

産業別名目GDP(2016年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

素材・材料産業は原料の調達事業者、素材・材料の製造事業者、流通事業者に分けられる

残り本文: 220文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

業界構造

主要企業

国内での鉱山運営は限定的。素材・材料の製造業界では業界再編が進み、素材・材料卸では品目ごとに多くの企業が存在する

残り本文: 265文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

鉱業

市場規模

素材・材料産業の市場規模は30兆円であり、世界的な不況以降、回復している産業と停滞している産業に分かれる

残り本文: 279文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

素材・材料の産業別出荷額推移
出所:経済産業省「工業統計 産業編」

市場最新トレンド

各品目とも季節により販売額の変動がある。紙の販売額は徐々に減少

残り本文: 251文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

板ガラス・セメントの販売額推移
出所:経済産業省「生産動態統計」
紙・段ボールの販売額推移
出所:経済産業省「生産動態統計」

業界環境に関する論点

素材・材料業界においては、以下のポイントが今後の業界動向を左右する論点になると思われる。

1

海外資源メジャーの上位寡占化

川上である海外資源メジャーの上位寡占化が進む中、国内の素材・材料業界にはどのような影響があるのか

2

新興国メーカーの台頭

各素材・材料において新興国メーカーが台頭する中、国内の事業者が差別化戦略をとるために求められることは何か

3

繊維業界における流通構造の見直し

複雑な構造となっている繊維業界(衣服などの完成品を含む)の流通構造が今後見直されることが予想される中、構造変化はどの程度進むか

4

新素材を活用したプロダクトイノベーションの可能性

新たな産業に転用できる素材が開発されることで、新規市場の開拓が起きる見込みはあるのか

5

卸の中抜きによる影響

卸売業全体で共通して進行している卸の中抜きは素材・材料卸業界にどのような影響を与えるのか

業界分類

※()は小分類数