印刷する

文書最終更新:2018/03/28

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2018/03/28更新

    全産業内の位置づけ

  • 2017/09/29更新

    市場最新トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

以下の業界(1業種)に所属する企業群

当業界の全産業内での位置づけ

総合卸業界は、業界規模は限定的ながら、国内外含めた多様なモノの流通に関与し日本の経済発展に貢献してきた

残り本文: 340文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

産業別名目GDP(2016年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

総合商社業界はトレーディングを中心としたバリューチェーンの構築によるビジネス創造が主業務。多様な産業に対し、グローバル規模でのネットワークを保有しており、展開範囲は非常に広い

残り本文: 307文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

業界構造

主要企業

各種業界に力のある有力企業で形成され、総合商社を中心に各産業を股に掛けたグループ企業を形成し、産業への影響力は大きい

残り本文: 306文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

市場規模

市場は景気との連動性が高い。各社、ボラティリティの高い資源系のトレーディングから、事業開発などの市況に影響されない事業へのシフトをおこなっている

残り本文: 301文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

総合商社の主要5社 収益推移
出所:各社IR資料
総合商社の主要5社 収益推移(IFRSsベース)
出所:各社IR資料

市場最新トレンド

景気の安定化や事業ポートフォリオのリバランスにより、直近で主要5社の業績は安定。2015年前後の資源価格急落の影響にともない各社業績を落としたが、現在は回復しつつある

残り本文: 201文字

中分類レポート全文を閲覧するには無料会員登録が必要です。

総合商社の主要5社の四半期収益推移
出所:各社IR資料

業界環境に関する論点

総合商社業界においては、以下のポイントが今後の業界動向を左右する論点になると思われる。

1

資源・原料価格は今後どう推移するか。総合商社各社は事業のリバランスをどこまで進めるか

資源価格・原料価格は今後よりボラティリティを増すことが予想される。各社、資源と非資源事業の比率をどのようにリバランスするか

2

各社が見据える成長分野への投資はどの程度進むか

ヘルスケア、ロボットなど成長領域への投資が積極的におこなわれている。総合商社の各社の事業ポートフォリオは、どのように組み変わっていくか

3

M&Aはどの程度進むのか

事業環境の変化にともない事業の成長性・利益率が変化している。その際に、事業買収・売却などの整理・再編はどの程度進むのか

4

社会貢献活動の位置づけはどのように変化するのか

総合商社の事業は社会性の高いケースが多い。時代背景としてCSR(企業の社会的責任)の考え方に加えて社会問題を解決する事業創造が求められる中、各社はどのような戦略を打ち出すか

5

海外展開における注力エリアの転換

成長市場であった中国から投資の中心はアジア・中東・アフリカなどに移ってきている。各総合商社は事業の中心をどのエリアに据えるのか

業界分類

※()は小分類数