印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    相関図・業界地図

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

家具・インテリア・オフィス家具のブランドを保有し、家具やインテリアを製造・販売する業界を対象とする。また副次的に製造専業、卸専業、小売専業の企業も取り扱う。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

参入企業間の競争が進み、大手による垂直統合や卸の中抜きが顕著。法人向け市場ではクリエイティブ・オフィスなどの新たな付加価値サービスも出現

残り本文: 599文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

商品の特徴は差別化要素が少ないこと。そのため価格やラインナップの幅での優位性が求められる。高級ブランドの商品は店舗でのストーリー性訴求など高付加価値の提案が重要

 家具・インテリア業界の取扱商品として経済産業省の「工業統計」の分類を参照する。主に材質による家具の分類であり、カーテンのような繊維製品や美術品など、インテリアの中でこの分類には含まれないものもある。
 取扱商品の特徴としては、技術的な差別化要素が少ないことが挙げられる。機能性やデザインのアップグレードは少なからずあるものの、消費マインドを動かすほどの変化は起きにくいため、壊れた際の「買い替え需要」が主な購入機会となる。また差別化が難しいため、大規模店舗を構える企業は価格と製品ラインナップの幅で勝負する傾向が強い。「一定以上の機能性が備わった安いもの」というコスパ重視の需要が強く、コストを抑えた低価格製品で大きさやデザインが少しずつ異なる製品を幅広く揃える事で、細かなニーズに対応する事が求められる。そのため在庫量が多くなる傾向があり、物流や在庫管理の効率化は必須である。近年では、低価格化を目的とした効率化が進んだ結果、完成品の家具ではなく消費者が部品を組み立てる家具が主流になってきている。一方で、一部の高級製品に関しては、アパレルの高級ブランドと同様に店舗でのコーディネートやオーダーメイドなどの家具に奥行きを出すストーリー性が重要視され、大衆店舗の家具とは異なるブランディングが必要となる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

参入障壁が低く、製品の差別化要素が少ないことから競争が激しい業界

残り本文: 367文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFS:様々なニーズへ対応する価格帯・チャネル・ラインナップの拡大

残り本文: 756文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

家具製造業は中小企業が多く、小売は大手企業が多い傾向。製造業は財務的に安定しており、小売業は比較的利幅が大きく投資への資金需要も多い

残り本文: 814文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場は長期的に縮小傾向。足元ではリーマンショック以降復調しているものの長期の成長は見込めず、新たな成長余地の開拓が求められる

残り本文: 645文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

業界が最も影響を受けるのは消費者や法人の社会動向。向かい風要因が多いが成長余地も残っている

残り本文: 583文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向