印刷する

文書最終更新:2018/11/09

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図

  • 2018/11/09更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    相関図・業界地図

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    今後の業界展望

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

衣料品の製造・販売を手がける業界。商品企画・生産を手がけるアパレルメーカー、商品企画から販売までを一貫して手がけるSPA(製造小売業:Specialty store retailer of Private label Apparel)、小売を主体に展開するアパレル専門店のいずれの業態をも対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

商品企画、生産、流通(卸・販売)がコア機能。近年は業態区分が曖昧に

残り本文: 455文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

アパレル商品は多岐に渡る。利用シーンとユーザーを軸にした分類がビジネスセグメントに近い

 アパレル商品の分類方法は種々存在するが、ここでは使用場面とユーザーを軸にした分類を挙げている。大きくは、プライベート/カジュアル(普段着)、ビジネス(仕事着)、その他(下着、靴下、呉服など)の3つに分けることができる。さらにプライベートのなかでもレディースアパレル、メンズアパレル、カジュアル衣料などの分類がある。またビジネスにくくられる商品としては、制服、作業服、紳士服などが挙げられる。おおむね、この分類に沿って企業やブランドが存在する。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

SPA型のメリットは在庫リスクを自社でコントロールできること

残り本文: 739文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

アパレル企業数は減少しているものの、競争環境は厳しい

残り本文: 143文字

KFSは付加価値に裏づけられたブランドの確立、在庫リスクと機会ロスを極少化できるサプライチェーンの構築

残り本文: 714文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

業界の利益率は低く、流動資産の占める割合が高い

残り本文: 317文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

当業界は粗利率が高いが、営業利益率が低い

残り本文: 285文字

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場規模は長期縮小傾向だが、小売販売額ベースでは2009年を底にして改善

残り本文: 403文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきは人口動態の変化、消費動向の変化、流通構造の変化

残り本文: 407文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向