印刷する

文書最終更新:2018/11/09

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

食品スーパーとは、セルフサービス方式にて主に食料品を中心として販売する中規模以上の小売店であり、食料品の中でも生鮮食品を主力に取り扱う業態。(食料品、衣料品、日用雑貨などを幅広く取り扱う総合スーパーについては総合小売業界を参照)

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

食品スーパーの上流の流通構造は生鮮食品、加工食品、惣菜や弁当など、品目によって異なる

残り本文: 435文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

食品スーパーの取扱い商品は生鮮食品が中心

 食品スーパー業界の取扱い商品は、他の流通業態と比較して賞味期限の短いものが多くなっている。他業態と比較して生鮮食品が多いことに加え、日配品・惣菜の扱いが多いためである。生鮮食品以外では加工食品などの一般食品や非食品も扱っているが、一般食品の販売金額が大きく、非食品の販売金額は小さい。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

グループ化は進展しているものの、多くのプレイヤーが存在する多数乱戦業界

残り本文: 113文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは低価格戦略からの脱皮、商品戦略の強化と中食の充実が課題

残り本文: 262文字

リスクは、コンビニエンスストアやドラッグストア、ネットスーパーとの競争

残り本文: 173文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

食品スーパー業界は低収益であり、固定資産が多く自己資本比率が高い構造

残り本文: 164文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場規模は減少傾向が続いたものの、近年は横ばいで推移

残り本文: 217文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

スーパーマーケットの売上高は微増傾向。惣菜の伸びが大きい

残り本文: 248文字

業界環境

マクロ環境

食生活のスタイルが変化しており、中食需要や高齢化への対応が求められる

残り本文: 220文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

食の安全・安心ニーズの高まり

残り本文: 388文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向