印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/04/20更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2018/04/20更新

    今後の業界展望(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

ベビー・子供服業界は0歳~14歳の男女が着る衣料品を製造・販売することを主業務とする業界を対象とする。具体的には、新生児、乳幼児、トドラー(3~5歳)、チャイルドスクール(6~12歳)、ローティーン(11~14歳)といった各セグメント向けの衣料品を扱う企業となる。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

ターゲットセグメントは異なるが、基本的なビジネスプロセスはアパレル業界と同様

残り本文: 299文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

ベビー・子供服は年齢層により細分化され、それぞれで特徴が異なる

 ベビー・子供服は対象年齢別に5つに分類される。第一に0~24ヶ月用のベビー・新生児用。その特徴は安全性を重視し、ギフト用品として購入されることなどである。第二に6~24ヶ月用のベビー・新生児用。その特徴は成長のスピードに対応するためにサイズ調整ができ、単品で重ね着できることなどである。第三に3~5歳用のトドラー。その特徴はウォッシャブル素材のユニセックスなもので、ブランドなものが多く購入頻度も高いことなどである。第四に6~12歳用のチャイルドスクール、第五に11~14歳用のローティーン。それらの特徴は丈夫で清潔感のある着やすいデザインのものが多く、大人の影響を受けるものなどである。
 このようにターゲットセグメントごとに商品、売り方が少しずつ異なっていることから、ベビー・子供服の専業メーカーでもすべてのセグメントを網羅する企業は少ない。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

大手の倒産がある一方で、成長企業も複数存在

残り本文: 342文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは高付加価値な細分化された市場にきめ細かく対応するしくみの確立、販売チャネルの適正化

残り本文: 537文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

ベビー・子供服業界は利益率が低く、流動資産が多い

残り本文: 246文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

2013年度には収益性の改善からROAが伸びたが、直近のROAは当期純利益に合わせて減少傾向

残り本文: 109文字

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

ベビー・子供服の国内企業の出荷額は減少傾向にあるが、小売販売額は増加傾向に

残り本文: 527文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきは少子化、ファストファッションの参入・SPA化、インターネット販売の増加

残り本文: 456文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向