印刷する

文書最終更新:2018/11/09

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図

  • 2018/11/09更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

携帯電話の販売、及び、電話回線やブロードバンド回線などの通信回線の販売をおこなう業界。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

携帯電話端末やインターネット回線などを消費者に販売する産業。一次代理店、二次代理店、三次代理店といったようにレイヤーが存在し、キャリアとの距離が近いほど利幅も大きい

残り本文: 314文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

携帯電話販売店は4形態に大別される。キャリアショップの形をとる専売店が主流で、端末販売から各種アフターサービスまで幅広い業務を取り扱う

 携帯電話の販売店は、単一の通信キャリアブランドの下販売をおこなう専売店(いわゆるキャリアショップ)、街の激安携帯ショップのように複数のキャリアを取り扱う併売店、家電量販店、キャリア直営店の4つに大きく分類され、専売店、併売店、家電量販店内の一部店舗が販売代理店によって運営される店舗である。
 形態別店舗の特徴としては以下のような点が挙げられる。もっとも店舗数が多い専売店は、端末販売から修理や各種変更などのアフターサービスまでを総合的に取り扱う。併売店においては同一の販売代理店でもキャリアごとに一次代理店であったり、二次代理店であったりすることも多い。家電量販店は、全キャリアを取り扱う場合が多く、量販店の高い集客力を反映して1店舗あたりの販売台数が多い一方、アフターサービスは提供していないことが一般的である。また、キャリア直営店の数は数店舗に限られており、最新商品のディスプレイやブランドコンセプトのショールーム的な要素が強い。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

参入障壁は高くないが、営業力・販売力に長けた人材の確保が必要。市場の飽和を受けたキャリアの代理店政策などにより、大手への集約が進む

残り本文: 251文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

商品売上高よりも商品原価の方が高い逆ザヤの収益モデル。キャリアからの各種取次手数料が加わって初めて利益が出る構造

残り本文: 179文字

KFSは、優秀な人材の確保・育成。各社は自社研修期間による人材教育やM&Aによる効率的な人材確保などに取り組む

残り本文: 324文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

携帯電話販売中心のティーガイアは「逆ザヤ」モデルで収益性は低い一方、高い回転率によりROAは高水準

残り本文: 646文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

携帯電話の累計契約数は国内人口を超え、普及率も飽和状態。出荷台数は、買い替えサイクルの長期化などを受けて2000年代後半から一貫して減少傾向

残り本文: 479文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

国内携帯電話の普及は飽和状態、買い替えサイクルも長期化。消費者の負担の軽減、選択肢の拡充を目的に政府主導による改革が進む

残り本文: 540文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向