印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    相関図・業界地図

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

鉄鉱石、鉄くず(スクラップ)などから鉄及び鋼を製造する事業者を対象とする。鋼板や鋼管などを製造する加工事業者も対象とする。

業界特性

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

鉄鋼製品の製鋼法は高炉法と電炉法に分けられ、電炉法で作られる鉄鋼製品は普通鋼と特殊鋼に分類される

残り本文: 524文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

鋼材は形状によって分類され、鋼板、鋼管、形鋼が主な鋼材となっている

 鉄鋼業界で生産される鋼材を日本鉄鋼連盟が公表している形状別の分類に沿って説明する。
 主な鋼材としては鋼板、鋼管、形鋼、棒鋼、線材があり、それぞれが異なる用途で用いられている。鋼板は厚さや圧延方法によってさらに細かく分類され、幅広い分野で使用される鋼材である。鋼管は製造方法により、継目無しのものと、溶接されたものに分かれるが、継目無しのものは製造に技術力が求められるため比較的高い価格で取引されている。形鋼は断面の形によって様々な形があり、力学的合理性・使用目的によって使い分けられている。棒鋼や線材は条鋼とも呼ばれ、炭素含有量や大きさによってさらに細かく分けて使用される。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

鉄鋼業界は典型的な装置産業であり、売り手である資源メジャーや買い手である大手産業メーカーに対して交渉力を持つことが重要となっている

残り本文: 570文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは生産拠点の集約による事業の効率化と高い技術力を武器とした海外展開

残り本文: 383文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

主要企業の業績は市況の影響を受けやすく2012年度は大幅に悪化したものの、以降は回復している

残り本文: 336文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

2014年の鉄鋼業の出荷額は19.2兆円。市場は停滞しており、今後も大幅な上昇は見込めない状況

残り本文: 757文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

環境負荷の軽減のために企業単位、国単位で技術の開発が進められている

残り本文: 476文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向