印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/04/20更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/04/11更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    マクロ環境

  • 2018/04/11更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

機械装置メーカー、なかでも主に物の生産に用いられる機械器具(生産用機械器具)を製造する事業者を対象とする

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

機械装置によって主要企業は異なり、納入先も多岐にわたる

残り本文: 293文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

繊維機械、生活関連産業用機械、基礎素材産業用機械、金属加工機械が生産用機械器具の中の主要品目

 機械装置は、日本標準産業分類では「生産用機械器具製造業」に含まれる。その中でも、繊維機械、生活関連産業用機械、基礎素材産業用機械、金属加工機械の4つが機械装置業界の主要品目となる。繊維機械には化学繊維機械・製織機械などが含まれ、生活関連産業用機械には食品機械・印刷機械・包装機械などが含まれる。また、基礎素材産業用機械には化学機械・プラスチック加工機械が含まれ、金属加工機械には金属工作機械・機械工具が含まれる。機械装置業界のプレイヤーはこれらの機械の設計・製造を中心にアフターサービスなども手がけている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

受注型・多品種少量生産の産業。ユーザー企業の設備投資の影響を受ける

残り本文: 712文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは技術基盤の維持と技術力を生かしたグローバル展開

残り本文: 271文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

受注生産が主であるため、利益率は一般的な製造業と比較して高めで推移。生産性は低いが、安全性は高く健全な体制となっている

残り本文: 324文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

機械装置市場は2009年に世界的不況の影響を受けて大きく縮小しており、徐々に回復しているものの2009年以前の水準には戻っていない

残り本文: 1002文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

国内のユーザーの設備投資停滞に伴い、国内の機械装置業界は停滞してきたが、今後に向けては明るい材料も多い

残り本文: 272文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

自動化・ロボット化への取り組みは進行している

残り本文: 293文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向