印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

金融関連サービス業界では主に、債権などの信用リスクを引き受けることで保証料を得るリスク保証業者と、金融機関などからの売却および委託を受けて債権の管理・回収をおこなうことを主な業務とするサービサーと呼ばれる事業者を対象とする。

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

【リスク保証サービス】信用リスクを保証してスムーズな取引を支え、手数料を得るビジネス。売掛債権流動化という財務ソリューションも提供

残り本文: 412文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【サービサー】民間債権回収会社であり、受託・譲受回収業務をおこなう。法規制が厳しく企業数は限られる

残り本文: 383文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

【リスク保証サービス】売掛債権流動化スキームは売掛債権担保融資、ファクタリング、売掛債権証券化の3つが存在

 リスク保証サービスの特徴として、売掛債権流動化のスキームを示す。売掛債権流動化スキームは主に3つ挙げられ、それぞれの特徴を説明する。
 一つ目は売掛債権担保融資である。これはもっとも一般的な財務改善手法であり、資金需要がある企業が現金化していない売掛債権の信用力を担保に金融機関やリスク保証サービス企業から借り入れをおこなうものである。この手法は借り入れとなるため返済義務が発生し、債務不履行となった場合は売掛債権の譲渡がおこなわれる。
 二つ目はファクタリングと呼ばれる近年主流になってきた手法である。上記の担保融資と異なり債権の譲渡となるため返済は発生せず、ファクタリング企業が売掛先の売掛代金支払いの対象となる。この手法は金融機関だけでなく、ノンバンク企業など様々な企業がおこなっていることから比較的容易に利用することができるが、一方で融資に比べ手数料が大きく発生することが特徴である。
 三つ目は売掛債権証券化である。債権を保有している債権者が、それによって将来得られるキャッシュフローを担保として証券化し小口化することで簡単に大量の資金調達おこなうことができる手法である。通常SPVと呼ばれるペーパーカンパニーを設立または信託銀行などに債権を譲渡し証券化、投資による資金調達をおこなう。その際格付け機関や証券会社など様々なプレイヤーが関連することも特徴である。そして、債権者およびサービサーによる返済金の回収によって投資家の元本償還および配当をおこなう。2007年に米国で問題となったサブプライムローン問題は、この証券化手法が発端となっている。低所得者向けの住宅ローンを証券化しバラまいた後に、住宅ローンの債務不履行が大量に発生したために起きたものである。

【サービサー】債権の状況により3つの種類に大別される。多種多様な債権を扱うため専門的なノウハウが必要。法規制は厳しく常にコンプライアンスの遵守が求められる

 サービサーは不良債権の取り立てをおこなっているイメージがあるが、正常・不良など債権の状態に応じて3つのサービサーの種類があり、様々な債権の管理業務をおこなっている。マスターサービサーは上記の証券化案件の際に回収が滞りなくおこなわれるよう他の各サービサーのモニタリング、コントロールをして、債権者や投資家へのレポーティングや送金業務をおこなう。プライマリーサービサーは正常債権を扱い、債務者の履行状況を監視し回収業務をおこない債権の不良化を防ぐ役割がある。そしてスペシャルサービサーは不良債権を扱い、ローンのリストラや売却、追加担保、代理弁済、担保の売却や競売など債務者の事業再生に向けたサポート業務などを専門とし、正常債権化を目指す。またサービサーの取り扱う債権は商業用不動産ローンや無担保商業用ローン、住宅ローン、個人向けローンなど多種多様であり、それぞれ専門的なノウハウを保有している必要がある。
 サービサー業界の特徴として、厳しい法規制が存在する点が挙げられる。参入には法務大臣による債権管理回収業の許可が必要となっており、要件としては資本金5億円以上など障壁が高くなっている。また常に法務省、警察庁による立ち入り検査など監視がおこなわれており、コンプライアンス違反は重い罰則が科されるためコンプライアンス遵守が求められている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

リスク保証サービスは比較的安定的であり参入プレイヤーにとっては旨みのある環境。サービサーは法規制等により厳しい業界構造

残り本文: 286文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【リスク保証サービス】KFS:提携先・取引先の拡大と適切なリスクに対するバランス

残り本文: 535文字

【サービサー】KFS:コンプライアンス徹底とノウハウの蓄積による信用力の確保

残り本文: 321文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

リスク保証サービスは規模拡大による利幅の拡大が顕著、非常に大きい総資産を抱える。サービサーは労働集約、回収においてリスクがあるため業績が不安定

残り本文: 790文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

【リスク保証サービス】個人向けリスク保証サービスとの連動性が高い住宅ローンは足元では拡大、債権流動化では証券化は縮小トレンドだが融資は拡大

残り本文: 738文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【サービサー】市場規模として取扱い債権額は14.1兆円、回収額は2.6兆円。2005年をピークに縮小トレンドでマクロ環境の影響をうけて厳しい業界環境が続く

残り本文: 431文字

業界環境

マクロ環境

政策・法制度の影響を強く受ける。サービサーは規制の遵守が必須となっており業務範囲の拡大が難しい環境。中小企業金融円滑法など政府の金融政策は両業界影響を受けやすい

残り本文: 675文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向