印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

バスによる旅客輸送の運営を手がける企業。道路運送法上の「一般乗合旅客自動車運送業(乗合バス)」、「一般貸切旅客自動車運送業(貸切バス)」を対象とし、対象外となる乗車定員10人以下の自動車による「一般乗用旅客運送業」については、タクシー業界で取り扱う。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

多くの場合、利用者に直接運送サービスを提供する。高速バス事業では、高速乗合バス事業者から貸切バス事業者に運行業務が委託される場合も多い

残り本文: 725文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

乗合バスと貸切バスに大別されるが、業態によりさらに細かく分けられる

 バス事業は道路運送法上において、運行予定時刻(時刻表)と運行経路・乗降場所が事前に定まっている「乗合バス」と、利用者との契約により運行内容を都度決定する「貸切バス」の大きく2つに分類されている。また、乗合バスに分類されるバス事業においても、路線バス・高速乗合バス・観光バスといった業態が存在しており、それぞれ異なる特徴を持つ。

乗合バスには、地域内の日常的な移動を担う路線バス、地域間を結ぶ高速乗合バス、観光地をめぐる定期観光バスなどが存在し、それぞれ異なる特徴を持つ

 乗合バスの中でも、一般道路を走行するバスは「(一般)路線バス」と呼ばれる。路線バスは、観光地周辺の路線を除き、地域内の移動を担う公共交通機関としての性格が強い。また、通勤・通学・買い物などで日常的に用いられる交通手段であるため、収益が沿線地域内の人口の多寡に大きく依存する点が、事業としての特徴となっている。
 主に短距離の移動を担う路線バスに対し、高速道路で長距離を走行して運送をおこなうのが「高速乗合バス」である。高速乗合バスは、路線バスと同様に運行経路・運行時間が決まっているが、帰省・出張・観光といった旅行における移動を担うことから、事業領域が地域内の日常移動に限定される路線バスに比べ、事業としての安定性は高い。
 移動手段としての役割が主である路線バス、高速乗合バスに対し、観光をメインとする業態として「定期観光バス」が存在する。定期観光バスは、ターミナル駅、空港、ホテルなどから出発するコースを日帰りでめぐるバスであり、あらかじめバス事業者が設定したコースに対して利用者が申し込み、参加する。観光施設の見学・体験や食事といった観光商品を組み合せて販売するため、乗合バスの中では観光業・旅行業としての性格が強い業態である。

貸切バスは、他の事業者からの車両運行受託と、団体との直接契約による貸切運行という2つのパターンが存在する。運行受託は買い手市場になりやすい

 貸切バスは、事業者が自ら運行経路・運行時間を決めるのではなく、他の事業者あるいは個別の利用者から依頼を受け、その計画に合わせて運行するバスである。大きくは、乗合バス事業者や旅行代理店など企画した運送・旅行商品の車両運行を受託する場合と、スクールバスのように特定の団体と直接契約し、移動手段を提供する場合に分けられる。
 貸切バスは定められた経路を運行する必要がないことから、高速乗合バス事業者が運行業務委託をおこなう場合は、複数の貸切バス事業者から委託先を選択することが可能である。そのため、貸切バス事業者同士の間で業務受託を取り合う競争がおこなわれやすく、コストに見合わない無理な価格競争につながることも多い。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

人件費の負担が大きい典型的な労働集約型産業。特に路線バス・高速乗合バスにおいては、市場縮小に加えて他の交通手段による代替が事業環境の悪化につながる

残り本文: 522文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界共通のKFSはドライバーの確保。路線バスにおいては赤字路線の整理、高速乗合バス・定期観光バスなどでは差別化による価格競争からの脱却が重要となる

残り本文: 222文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

運送効率の低さから、売上原価率は高い。特に売上原価の半分以上を占める人件費を削減することは容易ではなく、収益性を圧迫している

残り本文: 625文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場の縮小が続く乗合バスは、構造的な供給過剰状態に陥っており、対応の検討が必要

残り本文: 488文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

貸切バスは市場の成長が期待される一方で、車両数も増加を続けており、競争が激しい

残り本文: 243文字

業界環境

マクロ環境

多数の参入企業が輸送客と労働者を取り合う構図。安全規制の強化により人件費削減が困難になり、事業環境は厳しい

残り本文: 513文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向