印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

建設業のなかでも、施主に対して受注活動をおこなう元請会社、および施工をおこなう下請け会社を対象とする。空調、衛生、通信、電気などの設備工事は設備工事業界、プラント建設はプラント業界を参照いただきたい。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

建設・工事業界はピラミッド構造となっており、ゼネコンを頂点に下請け会社が重層的に存在する業界である

残り本文: 530文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

建設は大きく、建築工事と土木工事に分けられる。建設業法による工事の種類は基礎工事・躯体工事・設備工事・仕上工事・外構工事に分類可能

 一般的に建設・工事業界のサービスは建築工事と土木工事に分けられる。建築工事とは主に建物、人が活動するための空間を建設するのに対して、土木工事は、建築工事以外のものをさす。例えば、道路整備や橋やトンネルの構築、鉄道の敷設、河川や港湾の工事、上・下水道の整備、治水事業、発電所などの建設、ダムや堤防の建設などがある。また、建設業法では建設工事の許可は28業種に分類され、請負う工事の種類ごとにそれぞれ許可を受けなくてはならない。土木一式、建築一式の許可を持っていても、各専門の許可を持っていない場合は、500万円以上の工事を単独で請負うことはできない仕組みとなっている。28種類の工事の種類は基礎工事・躯体工事・設備工事・仕上工事・外構工事に分類可能である。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

典型的な受注請負産業であり、公共事業では入札がおこなわれるのが特徴

残り本文: 677文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは選択と集中による採算性重視の受注活動

残り本文: 176文字

リスクは人手不足および技術力の低下

残り本文: 260文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

主要企業の利益率は改善傾向にある。自己資本比率は低い水準

残り本文: 543文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

建設投資額は長期的には減少傾向にあるが、近年は横ばいで推移している

残り本文: 375文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

維持・修繕工事のニーズは底堅く存在。海外受注高も増加傾向

残り本文: 388文字

業界環境

マクロ環境

社会資本の老朽化および労働者不足への対応が求められる

残り本文: 901文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向