印刷する

文書最終更新:2018/11/09

  • 2018/11/09更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/11/09更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/20更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/20更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/20更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/20更新

    バリューチェーン

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

ホームセンター業界では、DIY(Do It Yourself)・日曜大工品、園芸用品、生活雑貨、自動車関連用品、家具など住関連品を主に販売する小売業を営む企業群を取り扱う。

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

DIY用品や園芸用品をはじめとした幅広い商品を安く大量に仕入れ、大型の店舗を中心に低価格で販売する産業

残り本文: 312文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

ホームセンターは広い駐車場付きで売り場面積の大きい店舗を構え、DIY関連商品や園芸用品をはじめ、幅広い商品を低価格で販売。リフォームなどの各種住関連サービスの提供も

 ホームセンターは、DIY用具・素材、園芸用品、家庭日用品などをはじめ、家電製品や家具、カー用品、食料品などの幅広い商品群を低価格で顧客に提供している。日本DIY協会によると取扱商品分類別の売上高構成比では、DIY用具・素材、園芸・エクステリア、家庭日用品が65%を占める。
 商品別の粗利率をみると、近年、GMS(総合スーパー)や大型ドラッグストア、大型家電量販店などの台頭により各分野の商品販売競争が激化している中、DIY関連商品や園芸用品といった、他業種小売と比べてホームセンターが元来強みを持つ商品群の利益率が高くなっている。こうした利益率の高い商品群を中心に、海外メーカーなどを利用した各社のPB商品が数多く展開されている。
 また、商品販売に加えて、リフォームサービスや宅配サービス、顧客が自由に使える工房の貸し出しやトラックのレンタルといった各種のサービスを提供しているホームセンターが増えている。
 ホームセンターは、豊富な品揃えと大型商品の販売を可能にするために、広い駐車場が附帯した広大な売り場面積の店舗を構えるスタイルが主流となっている。売り場面積別の事業所数構成比をみると、1,500㎡以上の店舗が半数以上を占め、年間商品販売額においては86%をも占める。
 こうした大型店展開の性質上、都心部よりも郊外のロードサイドに多く立地され、また、接客面においてはセルフサービス型の傾向が強い。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

異業種大型小売の台頭や新規参入による競争が激しく、再編が進行。各社強みを生かした差別化に注力

残り本文: 537文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、DIY関連やPB商品といった高利益率商品や棚割り等の店舗レベルにおける集客の工夫による競合との差別化

残り本文: 132文字

ホームセンターの交差比率は200前後。棚卸資産回転率が低く、粗利率が高い

残り本文: 132文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

粗利率は高いが、販管費が高く、営業利益率は低い。固定資産比率は比較的高めの水準にとどまり、一人当たりの生産性が高い。

残り本文: 619文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場の伸びは2005年以降頭打ち、店舗数は単調増加を続けている。結果、一店舗当たりの売上高は減少している。

残り本文: 381文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

出店規制の動向や国内人口減少・高齢化、流通のEC化が重要なマクロ環境要因。

残り本文: 568文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向