印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

教育関連サービスを提供する民間企業を対象とする。(学校法人を除く)

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

教育・保育サービスのかたちで労務の代替や知識の提供を行うサービス。提供内容によって各種の分類が可能

残り本文: 618文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

生徒の年齢に応じて多種多様なサービスが提供される。政府の教育・保育に関する政策に影響を受ける

 教育というサービスの特性上、多種多様なサービスが市場には存在する。中でも教育サービスの代表例として「保育サービス」「学習塾・予備校」「通信教育」「社会人教育・語学」のサービス特性を取り上げる。
 保育サービスは政府の認可・認定の種類により特性が異なる。認可が必要な認可幼稚園、認定こども園、認可保育所は、運営主体は公私ありながらもいずれも政府側の規制をうける。例えば保育料については自由には設定できず、国が定めた、親の年収と児童の年齢をベースとした基準を用いて設定される。一方で認可外保育所は国の定めた基準を満たす必要はないものの、経営の自由度が大きいため、ベビーホテルや企業内保育所などの幅広い事業を展開しているという特徴がある。なお、区分別には認可保育所が7割以上を占めている。
 学習塾・予備校は受講方式により集団指導方式と個別指導方式の大きく2つに分類できる。集団指導方式は教師一名に対して複数名の生徒をまとめて指導する方式、個別指導方式は教師一名が1~3名の生徒を個別に指導する方式である。元来、授業運営の効率性から集団指導方式が主流であったが、顧客ニーズの多様化が進むことで生徒一人一人に対して授業内容をカスタマイズできる個別指導方式がシェアを伸ばしつつある。抱える設備や教師の数などのビジネス特性は集団指導と個別指導では大きく異なる。個別指導はその性質上講師数を数多く抱える必要があるが、アルバイトの学生講師の活用により人件費の圧縮、変動費化に取り組んでおり、高い利益率を実現している企業も多い。
 通信教育は受講方式により大きく2つに分類できる。つまり従来の教育サービスが設定したカリキュラムに従い教材提供や添削指導などが行われる書籍・教材型に加え、インターネットの普及に伴いオンラインスクール型の通信教育も勃興してきている。オンラインスクールについてはデジタルデータのやり取りである特性上、複製が容易で検索性も高く、従来型の通信教育とは特徴が大きく異なっている。
 社会人教育・語学については、教育・指導する内容によって分類ができる。いずれもその道の専門家がその知識や知恵を伝授する形式が多く、サービス品質が講師の力量に依存しがちな点が特徴となる。また、TACや資格の大原などが展開する資格講座もある。資格については国家資格、公的資格、民間資格に分かれ、資格対策講座の受講者は通学、通信教育、e-ラーニング、独学の中から最適な学習法式を組みながら資格取得を目指すしくみを形成している。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

労働集約的でサービスの差別化が難しいことから競争は激しい。保育サービスには規制産業ゆえの特徴が存在

残り本文: 1138文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

教育サービス・育児サービスでP/Lの状況、B/Sの状況は大きく異なる

残り本文: 506文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

保育サービスは拡大傾向、18歳未満は教育ニーズ拡大により市場拡大の一方、社会人教育はレガシー領域で縮小

残り本文: 635文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

保育サービスは諸問題に起因して規制緩和方向に向かう。教育サービスは少子化の影響を受けながらもITを活用したサービス革新に期待

残り本文: 859文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向