印刷する

文書最終更新:2018/11/09

  • 2018/11/09更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/11/09更新

    マクロ環境

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

メガバンクをはじめとした都市銀行を中心に銀行業を営む企業を取り扱う。地方銀行やネット・ATM銀行も対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

預金者からの預金を元手に企業や個人へ貸出をおこない、貸出金利と預金金利の利ざやから得る収益が基盤。メガバンク3行をはじめとする都市銀行以外にも、各地域地盤の地方銀行、ネット・ATM専業銀行が存在

残り本文: 318文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

銀行業務は銀行法に基づき、預金・貸付・為替から構成される固有業務に加え、銀行法に定められる付随業務、銀行法に定めがない周辺業務に大別される

銀行の業務は、銀行法により規定されており、大きく固有業務、付随業務、周辺業務に分けられる。固有業務は、預金者の資産を管理・補完する預金業務、企業や個人に資金の貸出しおこなう貸付業務、振込や送金などで債権・債務の決済をおこなう為替業務の3つからなる。こうした固有業務に関連して発生する付随業務には、債務保証や社債の募集・委託、手形引き受けの他、M&Aアドバイザリー業務、クレジットカード業務などが含まれる。また、銀行法に定めがなく銀行の付随業務の範囲外とされる、リースや信用保証といった周辺業務は、子会社などを通じて間接的におこなうという形態をとる。その他、2001年からの段階的な保険業法の改正により、銀行は保険商品の窓口販売をおこなうことも可能となっている。
 全国地方銀行協会によると、2016年3月末現在の民間金融機関における預金・貸出金の業態別シェアは、ともに都市銀行が3割超でトップ、二番手が地方銀行・第二地銀となっており、都市銀行・地方銀行で半分以上のシェアを占める。その後に、信託銀行を含むその他の国内銀行や信用金庫、農林漁業系機関などが続くかたちとなっている。預金に占めるシェアでは、都市銀行が32.6%、地方銀行が25.0%となっているのに対し、貸出金に占めるシェアでは、都市銀行が30.1%、地方銀行が29.2%となっており、地銀が肉薄している

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

規制が存在するも異業種大手の参入は盛ん。差別化が図りにくい貸付業務は低金利政策などを受けて収益性が低下。ネットやATM主体の銀行が台頭、Fintechによる新たな形態の融資も出現

残り本文: 583文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、貸付業務に代わる新たな収益源の確保

残り本文: 96文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

メガバンクの収益性は近年の低金利政策などを受け減少傾向。業界特性上、固定資産比率と自己資本比率は極めて低い。ROAは利益率低下を受けて微減傾向

残り本文: 555文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

都市銀行が全銀行の資産の半数以上を占める。近年は都市銀行・地方銀行以外の銀行が資産を拡大。全銀行における預金高の増加に対して、貸付金高の増加は鈍く預貸率が低下傾向。地方銀行は経常収益の大半を資金運用収益が占めるなど貸付業務に依存

残り本文: 496文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

バブル以前の護送船団方式時代からみると自由化が進んだ金融業界だが、なお様々な規制や政府・日銀の政策の影響を免れない

残り本文: 609文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向