印刷する

文書最終更新:2018/09/14

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

繊維商社とは、主にアパレルメーカーに対し、繊維素材、一・二次加工品、最終製品を供給する企業。アパレル製造から流通業務に進出してきている企業は原則含まない。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

繊維商社は複雑な流通構造の中で、モノを流すだけでなく、生地や製品の製造といった川中の業務まで幅広く展開

残り本文: 302文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

アパレル業界の上流・下流への進出が進む

残り本文: 297文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

取扱い商品は素材である原糸・原料から完成品であるアパレル製品までと幅広い

 繊維商社が取扱う商品としては、まず原糸・原料が挙げられる。原糸は綿糸、スフ糸、毛糸、化合繊糸などであり、原料は綿花、羊毛、化合繊素材などである。その原糸・原料を染色、撚糸、テキスタイル化したものを繊維商社からアパレルメーカーに納入する。アパレルメーカーがテキスタイルからレディースアパレル、メンズアパレル、下着・靴下など多くの製品を生産し、再び繊維商社を通して小売へと納入される。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

繊維商社業界の動向を左右するのはアパレル業界の動向。アパレル市場は縮小しているため繊維商社業界は成熟産業

残り本文: 235文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

繊維商社業界のKFSは付加価値の提供と、海外を中心とした新たなマーケット確保

残り本文: 321文字

リスクは低価格商品の増加と消費者の消費意欲低下によるアパレル産業の一層の衰退

残り本文: 140文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

繊維商社業界では売上高は減少傾向にあり、利益も低水準で推移

残り本文: 141文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

繊維品・衣服卸の出荷額は縮小傾向

残り本文: 460文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

国内人口の減少、低価格商品の増加が業界に大きな影響を与える

残り本文: 268文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向