印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/11更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/11更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2018/04/11更新

    業界定義

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    マクロ環境

  • 2018/04/11更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

自動機械業界では主に、飲料・たばこ自動販売機、現金自動預払機、現金処理機などの金融用端末装置を製造する企業を対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

自動機械業界では自動販売機や現金自動預払機が製造され、オペレーターや金融機関に提供される

残り本文: 370文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

自動販売機は販売する商品によって分類される。金融用端末装置は現金自動預払機など現金を扱うものが中心

 自動販売機と金融用端末装置が主な商品である。自動販売機は、不特定多数の人間が通貨(貨幣)もしくはそれに替わるカードなどによって対価を払うことで、自動で物品の購入やサービスの提供を受けることができる機器である。販売する商品によって機械は分類されており、飲料用、たばこ用、券類用などがある。金融用端末装置は主に現金を扱う機器であり、現金自動預払機(ATM)、現金処理機、精算機などがある。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

自動機械は組立型の受注生産ビジネスであり、発注者のニーズに応じてカスタマイズされる

残り本文: 209文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは機能面を強化することによる海外への進出および他市場への参入

残り本文: 329文字

リスクは代替機能による市場の縮小

残り本文: 366文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

自動機械業界の企業の成長は鈍化。利益は減少傾向

残り本文: 289文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

自動機械の生産額は1,620億円であり、近年は横ばいで推移

残り本文: 334文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

自動販売機の普及台数は370万台、飲料自動販売機が7割を占める。自販金額では台数の少ない券類自動販売機が4割弱を占める

残り本文: 212文字

業界環境

マクロ環境

設置台数の増加が見込まれない中で、自動販売機のオンライン化・高機能化が進み、付加価値は向上

残り本文: 593文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

偽造カードによる不正引き出しが発生。一層のセキュリティの強化が求められる

残り本文: 493文字

新技術による自働機械市場縮小へのリスク

残り本文: 160文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向