印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    相関図・業界地図

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界定義

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/23更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/23更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/23更新

    マクロ環境

  • 2018/05/23更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

当業界は主に、電話機、無線通信に用いられる基地局通信装置などの情報通信機械器具と、コンピュータやプリンタなどの電子計算機を対象とする。企業はブランドを持つメーカーを対象とし、受託製造を手がけるEMS(Electronics Manufacturing Service )については簡単に触れることとする。

業界特性

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

情報通信機器業界の企業はEMS企業と連携して製造をおこなう。販売ルートとしては直販、家電量販店経由、代理店経由、SIer経由が存在

残り本文: 678文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

情報通信機器業界の対象となる品目は40品目。通信機械器具及び無線応用装置と電子計算機及び情報端末に分類される

 情報通信機器業界の対象品目は経済産業省の「生産動態統計年報」によれば、通信機械器具及び無線応用装置と、電子計算機及び情報端末に分類される。電話機などの通信機械器具は9品目に分類され、携帯電話などの無線応用装置は13品目に分類される。パーソナルコンピュータなどの電子計算機本体は5品目、プリンタなどの情報端末は13品目に分類される。合計するとちょうど40品目となる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

情報通信機器業界ではグローバル競争が激化。製造工程を外部化してマーケティングが主業務となる傾向も

残り本文: 194文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは海外展開とEMSの活用、ノンハード・ソフトウェアの強化

残り本文: 542文字

リスクは、国内市場へのグローバルプレイヤー進出

残り本文: 152文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

低収益の業界構造は変わらないものの、効率性が高まっていることで利益率は改善

残り本文: 334文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

情報通信機器の国内生産額は1,951十億円。市場の成熟、海外への生産シフト、価格競争により国内生産額は縮小傾向

残り本文: 883文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

機器品目間の機能重複にともない、消費者による使い分けや買い控えが進行

残り本文: 171文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

IoT技術、ウェアラブルデバイス、3Dプリンタといった新技術・新商品の登場

残り本文: 674文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向