印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

電材卸業界は電材(電設資材)の卸売事業を手がける企業を取扱う。電設とは電気設備のことであり、電気を安定的に供給するための電気事業の設備をはじめ、電話設備、防災設備、情報通信設備用といった社会に不可欠な設備を指す。電材とはこのような電設に用いられる資材を指す。

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

電材卸業界では、扱う商材が多く、納入先も幅広いことから流通経路は複雑多岐

残り本文: 445文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

電材卸は発電、送受電から、照明、放送・通信、防災・監視までの機器・装置等の材料を取り扱う

 電材(電設資材)とは、電気設備用の資材のことである。発電、送受電から、照明、放送・通信、防災・監視まで、建物内外で使用する材料、部品、機器・装置、設備などが含まれる。例えば、配線器具、照明器具、情報通信機器、制御機器、防災システム、空調設備なども一部含まれる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

電材卸業界は地域密着型企業同士の競争が中心の多数乱戦業界。人の労働力による業務の割合が大きい労働集約型産業

残り本文: 146文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは売上増加のための水平方向への事業拡大と、利益率向上のための垂直方向への事業拡大

残り本文: 376文字

リスクは、原料価格の高騰と隣接業界からの新規参入、ネット通販の浸透

残り本文: 220文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

売上高は増加傾向、利益率は他業界の卸と比較して高水準。一般的な卸事業者と同様に固定資産比率は低い

残り本文: 242文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

リーマンショックの影響で落ち込んだ市場は回復基調。電気工事の市場は回復後、安定的に推移

残り本文: 404文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

建設市場の動向が当業界にも大きなインパクト

残り本文: 197文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

情報通信技術などの新技術により新たな需要が創造される

残り本文: 171文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向