印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    今後の業界展望

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    相関図・業界地図

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/04/09更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

スポーツをするためのシューズ・ウェアや用品を、製造もしくは販売する業界

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

スポーツ用品

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

スポーツ用品店

業界構造・主要企業

バリューチェーン

スポーツ用品業界は、ウェアや用具などを開発・製造し、全国の専門店及び各種小売店を経由して最終消費者に流通させる業界である。近年はメーカーや無店舗小売業者が力を強め、流通構造が変化しつつある

残り本文: 618文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

スポーツ用品は多品種少量生産で機能性が求められる商品。近年は台湾・中国メーカーも台頭しており、低価格な廉価品、高機能な高価格商品が混在している

 スポーツ用品は主に競技と用品の種類によって分類ができる。競技については各種あるが、主なスポーツとして野球・ソフトボール、バスケ・バレー・ラグビー・サッカー、テニス・卓球・バドミントン、陸上・体操、スキー・スケート、ゴルフ・ホッケー、釣りなどがあり、また用品の種類については使用比率の高いシューズやウェアのほか、競技ごとに専用の用品用具に分けることができ、結果的に多品種少量生産となる。需要量は各種目の人気度や対象年齢層の動向によって大きく変化しうるが、野球やサッカー、ランニングなど一定の需要が存在し続ける競技もある。季節性や地域性も強く、店舗ではそれぞれの立地や季節に応じた品揃えが必要となる。
 いずれの用品に関しても、デザインはさることながら機能性も求められ、用品の材質や製造方法、機能開発などがポイントであるため、メーカー各社はR&Dに力を入れている。また、機能性の高さがメーカーによって大きく異なることから価格幅も大きく、台湾・中国メーカーの廉価品と欧米系の高価格帯商品が混在している状況である。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

スポーツ用品

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

スポーツ用品店

スポーツ用品業界は用品メーカー・用品小売ともに買い手側の交渉力が強いものの、スポーツ分野ごとにすみ分けがされる傾向があり競争はそこまで激しくない

残り本文: 597文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

用品メーカーは積極的なマーケティングをおこなうため比較的高い販売管理費比率となる。資産としては流動資産の比率が高く、労働集約的な面がうかがえる

残り本文: 505文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

スポーツ用品の市場規模は、用品店1兆4,440億円、国内用品メーカー出荷額2,000億円の規模。長期的には規模の縮小傾向にあるが、2012年以降は景気回復にともない拡大している

残り本文: 606文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

高齢化の影響を受けるものの、2020年の東京オリンピック開催に向けて行政・産業の両面からスポーツの活性化がおこなわれており、外的要因は追い風が多い

残り本文: 453文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向