印刷する

文書最終更新:2019/02/26

  • 2019/02/26更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/23更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/23更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/23更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

ペットフード、ペットケア用品などのペット用品を製造・販売する企業を中心に取り扱う。ペットの生体販売や、ペット保険、ペット病院、ペットホテルといったペット関連サービスの提供をおこなう企業も対象とする。

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

ペット用品メーカー

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

ペット生体販売、ペット用品卸

業界構造・主要企業

バリューチェーン

川上から川下にかけての統合は進んでおらず、製造、流通、販売においてプレイヤーがすみ分け。近年は保険や病院、ホテル、美容室といったペット向けサービスも拡大

残り本文: 371文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

飼育意識の変化にともない、ペットフード、ペットケア用品ともに高付加価値商品のニーズが拡大。成長市場のペット保険を筆頭に、多様なペット関連サービスが展開されている

 ペット用品は大きく、ペットフードとペットケア用品の2つに分けられる。
ペットフードはさらに、毎日の主要な食事としてそれと水だけでペットの成長段階に応じた必要な栄養素がバランスよく摂取できる「総合栄養食」、おやつやスナック、ご褒美として限られた量のみ与えることを想定した「間食」、獣医師が犬や猫の疾病の治療する際の補助や健康増進目的で与えられる「療法食」などに分類される。近年は飼い主のペットに対する健康管理意識が高まってきており、こうした「療法食」をはじめとした、ペットフード全体において、栄養価に優れた高付加価値商品のニーズが拡大している。
 ペットケア用品は、トイレ用品、衛生用品、しつけ用品、衣類、玩具などがある。少子高齢化や単身世帯の増加、核家族化の進行などの影響を受け、ペットを家族と同等に大切に扱う傾向が強くなっており、ペットケア用品においてもペットフードと同様に、機能性に優れた製品が増えている。
 ペット関連サービスについては、動物病院の他、飼い主が旅行や出張でペットの面倒を見られない場合に預かってもらえるペットホテル、ペット美容室、ペット保険などが大きな市場を形成している。特にペット保険については、市場の成長が著しく新規参入が盛んとなっている。その他、散歩代行サービスやペット葬儀、老犬・老猫ホームなど、多様なペット向けサービスが展開されている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

ペット用品メーカー

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

ペット生体販売、ペット用品卸

参入障壁は高くなく、大手食品メーカーや日用品メーカーの新規参入が盛ん。リソースやブランドに勝る大企業の競争力が強く、上位企業による寡占化が進む

残り本文: 434文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、消費者ニーズを踏まえた商品開発とブランド構築、有力販路の獲得

残り本文: 252文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

ペット業界の中でも、業態によって業績や財務体質が大きく異なる。流通2社は利益率、ROAが緩やかに低下傾向

残り本文: 645文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

飼育頭数は猫が横ばい、犬が減少傾向。ペットフード出荷量は減少傾向にあるが、出荷額は微増を維持。犬・猫の主食を除くペット用品の出荷額は猫・小動物用品を中心に直近期で増加

残り本文: 726文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

高齢化や核家族化などを背景に、ペットのコンパニオンアニマル化が進行、ペット用品の高付加価値化やペット向けサービスの拡大をけん引し、業界を取り巻く法規制に影響。技術革新が販路やサービスの多様化などに大きく寄与

残り本文: 808文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向