印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    相関図・業界地図

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/23更新

    マクロ環境

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

タレントの発掘・育成をおこない、営業活動やスケジュール管理など、所属タレントの芸能活動全般をサポートする企業を対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

芸能プロダクション業界はタレントの発掘・育成と芸能活動のマネジメントをおこなう。一部はコンテンツの制作・流通も手がける

残り本文: 460文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

芸能プロダクションが提供するタレントは映像系、音声系、テキスト系に分けられる

 芸能プロダクションが提供するタレントは大きく分けてテレビ番組などの映像系のコンテンツに携わるタレント、音楽などの音声系のコンテンツに携わるタレント、雑誌などのテキスト系のコンテンツに携わるタレントに分けられる。
 映像系のコンテンツに携わるタレントとしては俳優・女優や声優、お笑い芸人、アナウンサー、スポーツ選手などが挙げられる。舞台や興行、テレビ番組や映画などに登場し、出演料(ギャラ/ギャランティー)などが収入源となる。音声系コンテンツに携わるタレントとしては歌手や作曲家などが挙げられる。ライブコンサート、テレビの音楽番組やラジオなどに登場し、音楽レコードの販売料やライブのチケット売上、ライブ会場でのグッズ販売などが収入源となる。テキスト系コンテンツに携わるタレントとしてはモデルや写真家などが挙げられる。テレビ番組や雑誌などに登場し、出演料/掲載料が収入源となる。
 芸能界ではタレントの事務所移籍や独立などが非常に多いため、一人のタレントに依存する芸能プロダクションは非常にリスクが高い。また、タレントの育成には各社とも時間と費用を投入しており、入り口となるスカウトの目利きもきわめて重要である。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

芸能プロダクション業界は労働集約型産業で、売り手であるタレントの交渉力が強い

残り本文: 734文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSはタレントの発掘・育成プロセスの構築と、露出の「場」の確保

残り本文: 387文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

芸能プロダクション業界の売上原価率が高い。大型ライブ公演の減少により減益傾向

残り本文: 266文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

音楽ソフト市場やテレビ広告市場などは縮小する一方、インターネットで配信される動画・音楽市場やライブ市場は拡大

残り本文: 830文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきはインターネットでの音楽・動画配信サービスの普及、消費者のニーズの「コト消費」へ移行、ライブ会場の不足

残り本文: 535文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向