印刷する

文書最終更新:2020/06/18

  • 2020/06/18更新

    今後の業界展望

  • 2020/06/18更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2020/06/18更新

    マクロ環境

  • 2020/06/18更新

    市場規模・トレンド

  • 2020/05/21更新

    今後の業界展望(図表)

  • 2020/05/21更新

    今後の業界展望

  • 2020/05/21更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2020/05/21更新

    マクロ環境

  • 2020/05/21更新

    市場規模・トレンド

  • 2020/05/21更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2020/05/21更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2019/12/12更新

    サマリ

  • 2019/10/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/10/16更新

    中小企業の財務指標

  • 2019/09/18更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/06/24更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/09更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

スポーツチームを運営するスポーツ興行団に加え、競馬・競輪事業者(主催者から委託を請けて会場を運営するビジネス)を対象とする

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

残り本文: 101文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

スポーツチーム運営の収益源はスポーツ興行収入、スポンサー協賛金(広告料)、放映権料・ライセンス料など多岐にわたり、関係会社が多い

残り本文: 415文字

競馬・競輪は国や自治体との関連性が深く、参入する民間事業者は主に自治体に向けた競技場の賃貸・運営管理をおこなう事業者である

残り本文: 451文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

スポーツや競技の内容により事業者が異なる。年間観客動員数は数千万人単位。

 スポーツ興行については、その競技内容で分類が可能である。年間の観客動員数で2,500万人を誇るNPB(プロ野球)をはじめ、550万人のJリーグ(プロサッカー)、100万人のBリーグ(プロバスケ)、30万人のVリーグ(プロバレー)がある。いずれもリーグ方式で試合をおこなう点は共通である。事業者ごとに比較的自由な経営が行われており、営業収入などもチームによって大きく異なる。
 競馬は運営主体により大きく中央競馬と地方競馬に分かれ、それぞれ所轄は農林水産省と各自治体である。年間の入場者数は競馬で1,000万人弱であり、同じ公営競技である競輪の500万人弱よりも多い。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

スポーツチーム運営の肝は魅力的なチーム編成。スタジアムも運営する事業者の場合は地方自治体との協調も重視される

残り本文: 657文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

競馬競輪は国や地方自治体との関係性が強い。激しい競争は守られているが、景気変動による集客・客単価の増減の影響を強く受けるリスクがある

残り本文: 317文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

競馬競輪関連事業者の場合は賃貸ビジネスが主。スポーツ興行のチケット取次事業者については、委託販売をおこなうことを背景とした財務上の特徴がある

残り本文: 595文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

スポーツ興行のチケット代市場規模は400億円。競馬競輪の市場規模は4.0兆円。景気縮退の影響を受けて2011年までは減少だが、近年は安定推移。2020年の新型コロナウイルスは業界全体に大打撃の見込み

残り本文: 711文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

スポーツチーム運営業界は、スポーツ庁の設立や東京オリンピック、地方創生やIT活用など追い風要因が多い。新型コロナウイルスの影響からの早期の回復が求められる

残り本文: 677文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

競馬・競輪業界は景気との相関性が強く景気後退にともなう負の影響を受けてきた。近年は規制緩和やインターネット技術の活用により追い風要因も多いが、新型コロナウイルスの影響が懸念される

残り本文: 662文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向