アラート対応自動化クラウドサービス OpsAid(オプスエイド)

「OpsAid」は、システム管理や、運用エンジニアが日々対応しているアラートを自動化するアラート対応自動化サービスです。

■開発の背景

昨今、WEBサービスの複雑化により、システム運用者の負担は年々増しています。また、これらの複雑な環境化のもと、安定した運用そのものが難しくなっています。そこへ人的ミスも加わり、システム復旧には予想を遥かに超える負担・時間がかかっている状況です。こういった背景のもと、アンタスでは運用現場が抱える課題を解決するため、アラート対応自動化サービス「OpsAid」を開発し提供をスタートしております。

OpsAid(オプスエイド)

■OpsAid(オプスエイド)で出来ること

OpsAidは、障害発生時に管理者に来た通知(以下アラート)を一元管理し、対応状況の可視化と電話コールなどの自動化をすることで、システム管理者による対応を最小限にすることが可能です。
また、AWS CLIコマンド実行機能により、障害発生時の仮想サーバー自動再起動などが実現でき、システム管理者によるアラート対応の更なる省力化を実現します。これに加え、WEBサーバの正常性を監視も可能です。