平成29酒造年度全国新酒鑑評会において、全国初となる金賞受賞数「6年連続日本一」達成!

2018年05月17日 

本文

平成29酒造年度全国新酒鑑評会において、全国初となる金賞受賞数「6年連続日本一」達成!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月17日更新

Tweet

平成29酒造年度全国新酒鑑評会(※)の審査結果が発表されました。

福島県内の蔵元からは31銘柄が入賞、そのうち19銘柄が金賞に選ばれ、金賞受賞数で全国初の6年連続第1位、通算8度目の日本一となりました。

県では、これからも、「日本一の酒処ふくしま」を国内外に積極的にPRしてまいります。

※全国新酒鑑評会は、独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催で行われる国内最大規模の新酒鑑評会。本年で通算106回目(第1回は明治44年)。出品点数は1製造場につき1点です。

表1 本県の金賞受賞数及び全国順位

酒造年度

金賞受賞数

全国順位

備考(カッコ内は金賞受賞数)

平成29年

19銘柄

1位

同1位 兵庫(19)、3位 新潟(14)

平成28年

22銘柄

1位

2位 宮城(20)、3位 秋田(16)

平成27年

18銘柄

1位

2位 山形・兵庫(17)

平成26年

24銘柄

1位

2位 山形・新潟(15)

平成25年

17銘柄

1位

同1位 山形(17)、3位 宮城(16)

平成24年

26銘柄

1位

2位 兵庫(17)、3位 秋田・新潟(15)

平成23年

22銘柄

2位

1位 新潟(24)、3位 兵庫(20)

平成22年

19銘柄

2位

1位 新潟(23)、同2位 兵庫(19)

平成21年

20銘柄

1位

2位 新潟(18)、3位 秋田・山形・長野(17)

平成20年

18銘柄

2位

1位 新潟(22)、同2位 山形(18)

平成19年

17銘柄

2位

1位 新潟(25)、3位 秋田・山形(16)

平成18年

21銘柄

2位

1位 新潟(24)、3位 山形(19)

平成17年

23銘柄

1位

2位 山形(18)、3位 秋田・新潟(17)

表2 本県の金賞受賞銘柄と蔵元

銘柄製造場市町村
金水晶金水晶酒造店福島市
廣戸川松崎酒造店天栄村
雪小町渡辺酒造本店郡山市
三春駒佐藤酒造三春町
東豊国豊国酒造古殿町
人気一人気酒造二本松市
奥の松東日本酒造協業組合二本松市
会津中将鶴乃江酒造会津若松市
名倉山名倉山酒造会津若松市
会津宮泉宮泉銘醸会津若松市
弥右衛門大和川酒造店喜多方市
笹正宗笹正宗酒造喜多方市
國権国権酒造南会津町
田島会津酒造南会津町
榮四郎榮川酒造 磐梯工場磐梯町
萬代芳白井酒造店会津美里町
學十郎豊國酒造 会津坂下町
一生青春曙酒造会津坂下町
又兵衛四家酒造店いわき市

詳しくは独立行政法人酒類総合研究所のホームページをご覧下さい。

この企業のニュース