「日本パッケージデザイン学生賞2023」贈賞式を開催!

2023/12/08  公益社団法人 日本パッケージデザイン協会 

第二回となる学生パッケージデザインアワード【日本パッケージデザイン学生賞2023】を受賞した、28名の学生に贈賞しました。

公益社団法人日本パッケージデザイン協会(理事長:小川亮、以下JPDA)は、2023年11月22日(水)、文京シビック小ホール(東京都文京区)において、日本パッケージデザイン学生賞2023贈賞式を開催、受賞した28名の学生に大賞・金賞・銀賞・銅賞・企業賞(フジシール財団賞、竹本容器賞、ツジカワ賞、レンゴー賞)・審査員特別賞を贈りました。




■大賞を受賞した穴吹デザイン専門学校2年生の綾野 裕次郎さんのコメント
とても貴重な講評をいただけたこと、賞をいただけたこと、とても励みになりました。
今後の作品に活かしていきたいと思います。自分の強みや、また足りていない部分を知ることができました。
この度は本当にありがとうございました。


大賞「ボーッと入浴剤」

■作品コンセプト
開封後は船になり、楽しめる入浴剤のパッケージです。お風呂に入浴剤を入れると袋のゴミが出ます。開けた後の袋が水に流されて排水溝に張り付いたり、せっかくリラックスしているのにお風呂の端っこにある袋が気になったりそんな経験があるかと思います。 ゴミになるはずだった入浴剤の袋を楽しいものに変えることができないかと思い今回のパッケージを考えました。

■JPDA理事長 小川亮 コメント
空けた後の不必要さからいうと、入浴剤のパッケージの不要さはトップクラスです。お風呂にピッタリくっついて取れなかったり、捨て忘れて翌日ネバネバになっていたり。このパッケージデザインは入浴剤パッケージのマイナスを一気にプラスにしてくれました。実はお風呂で子供と遊べるシンプルな船のおもちゃはとても少ないんです。お風呂のおもちゃはカビやすいですし。捨てることのできるおもちゃという視点でもとても実用的です。

■入賞作品のリストは、JPDA学生賞サイトにて公開しております。
https://student.jpda.or.jp/#winner
入賞作品の画像は、今後JPDA学生賞公式インスタグラムで公開予定です。
https://www.instagram.com/jpda_student_awards/



■日本パッケージデザイン学生賞とは
公益社団法人日本パッケージデザイン協会(略称:JPDA)が主催し、パッケージデザインの新しい魅力と価値を学生と共に発掘・伝播していくことを目的にした、学生パッケージデザインアワードで、毎年開催されます。

第二回となる本年は、「ひらく」をテーマとしたオリジナリティのあるパッケージデザインのアイデアを3カ月間募集し、全国の大学・専門学校から513点の応募がありました。

パッケージデザインには、中身の情報を伝達するだけでなく、形状の工夫やマーケティング、SDGsを意識したものなど、様々な要素が組み合わされてできています。近年、パッケージデザインに対する関心が高まっていることを受け、美術・芸術系の学校のみならず、パッケージデザインに興味のある学生ならどなたでも参加することができるアワードを2022年度より開催しています。

作品のデザイン性や創造性を競い、パッケージデザイン界で活躍するJPDA会員審査員と外部特別審査員による厳正な審査を経て、大賞・金賞・銀賞・銅賞・審査員特別賞などが選出されます。
また、入賞作品は『年鑑日本のパッケージデザイン』(隔年刊行)に収録されます。

――――――――――
公益社団法人日本パッケージデザイン協会(JPDA)は、1960年に発足、パッケージデザイン文化の向上、普及、啓発のための事業を行う団体として2013年に公益社団法人に移行しました。JPDAの活動は、日本パッケージデザイン大賞などの顕彰事業、年鑑の発行、展覧会やセミナーの開催、調査研究、国内及び国際交流、広報活動など多岐にわたります。パッケージデザインの価値を伝え、魅力を創出するために、さまざまな形の「場づくり」があり、国際交流、国内、そして地域まで幅広く活動しています。

 

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース