Economic & Social Research No.21 2018年夏号

2018年07月13日  内閣府 

Economic & Social Research

『Economic & Social Research(ESR)』では、内閣府経済財政政策担当部局の施策、経済社会総合研究所の研究成果等に関する情報提供を行っています。

最新の公表

Economic & Social Research No.21 2018年夏号
(PDF形式 1.32 MB)

発行日: 2018年7月 発行

骨太方針2018—少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現—

目次

政策分析インタビュー
「骨太方針2018」について—新経済・財政再生計画—
佐藤 主光
一橋大学 国際・公共政策大学院、大学院経済学研究科 教授
トピック
経済財政運営と改革の基本方針2018について
松浦 周介
政策統括官(経済財政運営担当)付参事官(総括担当)付
経済財政政策部局の動き:経済の動き
高齢化社会に係る政策課題の分析—EBPMの推進に向けて—
田中 吾朗
政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(企画担当)付参事官補佐
新田 尭之
政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(企画担当)付
経済理論・分析の窓
インフレ目標と賃上げ—構造VARモデルによる分析—
安井 洋輔
株式会社日本総合研究所 調査部 主任研究員
最近のESRI研究成果より
南海トラフ巨大地震による想定津波高と市区町村間人口移動の実証分析
服部 高明
経済社会総合研究所 総括政策研究官
最近のESRI研究成果より
我が国の高齢者世帯の貯蓄取崩し行動
比嘉 一仁
経済社会総合研究所 研究官
ESRI統計より:国民経済計算
第49回国連統計委員会出張報告
小林 秀子
元 経済社会総合研究所 国民経済計算部地域・特定勘定課 課長補佐
伊藤 慧
元 経済社会総合研究所 国民経済計算部分配所得課 政策調査員
ESRI統計より:景気統計
主成分分析による近似ダイナミックファクターモデル推定に基づく
個別経済指標ごとの景気循環特性の検証
日谷 沙弥香
経済社会総合研究所 景気統計部

ページの先頭へ戻る

配信企業情報

内閣府
上場区分 -