営業DXサービス「Sansan」が経費管理クラウド「Concur(R) Expense」との連携機能を強化

2024/05/17  Sansan 株式会社 

~同席者の名刺情報を自動連携し、交際費精算の不正利用を削減~

働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、営業DXサービス「Sansan」と、株式会社コンカーが提供する経費管理クラウド「Concur Expense」との連携機能を強化したことを発表します。 営業DXサービス「Sansan」は、名刺情報を活用して不正な経費利用を防ぎ、ガバナンスを強化するため2021年11月より「Concur Expense」と連携しています(※1)。Sansanの名刺情報とConcur Expenseの精算情報のひも付けを可能とし、交際費精算の同席者情報における正確性や信頼性を担保することで、不正な交際費利用を防ぎガバナンスの強化を支援しています。今回の機能強化によって、Sansanの名刺情報をConcur Expenseに自動送信することが可能になります。よりスムーズかつ正確に精算業務を行うことができるようになり、2024年4月から適応された交際費の上限額引き上げなどに伴って想定される、業務負担を軽減します。



■アップデートの背景
コロナ禍が明けて、対面での商談やそれに伴う接待の機会が増加しています。帝国データバンクの調査によると2022年度の社員1人あたりの交際費平均月額が前年度より約1割増加しています(※2)。また、2024年4月には企業における交際費の非課税上限額が引き上げられたことで、会社間の交流がより活発化し交際費の精算額や頻度が増加することが予想されます。一方、企業においては、不正な交際費利用を防ぎガバナンスをより一層強化していくとともに、従業員が正確かつスムーズに精算ができる環境を整えることが求められます。
当社は、交際費精算の手間を削減しタイムリーな精算業務を後押しすべく、ユーザーからの要望が多かったConcur Expense連携強化を実現しました。

■機能強化の概要
Concur Expenseでは接待交際費の社外同席者を登録する場合、手入力が主な手段となっていました。そのため、誤入力の可能性や、同席者情報の信頼性を承認者が見極めるための情報が十分でないこともありました。Sansanと連携することで、申請者が名刺を基に同席者情報をConcur Expenseに入力できるため、誤入力や不正精算の未然防止につなげていました。
これまでは、初めて名刺交換をした相手との交際費精算を行う場合、担当者がSansan上で同席者の名刺情報を検索し、都度Concur Expenseに送付したうえで、同席者として登録する作業が必要でした。今回の機能強化によって、Sansanで名刺をデータ化すると自動でConcur Expenseに送信するよう設定できます。これにより、これまで発生していたSansan上での名刺検索や送付作業が無くなるため、タイムリーかつ正確な精算業務を後押しします。



※1: Sansan株式会社「クラウド名刺管理サービス『Sansan』と、経費精算・管理クラウド『Concur Expense』が機能連携」(2021年11月18日発表)
https://jp.corp-sansan.com/1118_02.html

※2: 株式会社帝国データバンク「全国企業『交際費支出』動向調査(2022年度)」
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p231207.pdf

■株式会社コンカーについて
世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)』・『Concur Travel(出張管理)』・『Concur Invoice(請求書管理)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。
コンカーの詳細についてはwww.concur.co.jpをご覧ください。

■SAP Concurについて
SAP Concurは、出張、経費、請求書管理を統合したソリューションを提供する世界有数のブランドであり、これらのプロセスの簡素化と自動化を追求しています。高い評価を得ているSAP Concurのモバイルアプリは、社員の出張をサポートし、経費を自動で入力し、請求書の承認を自動化します。AIを使いリアルタイムのデータを統合、分析することで、効率的な支出管理を行うことが可能です。SAP Concurのソリューションは、手間の掛かる作業をなくし、お客様の業務効率化に貢献、最高の状態でビジネスを進めることができるようサポートします。詳細はconcur.comまたはSAP Concur ブログをご覧ください。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

(以上)

■名刺管理から、収益を最大化する「Sansan」
Sansanは、名刺管理を超えた営業DXサービスです。名刺やメールといった接点から得られる情報を正確にデータ化し、全社で共有できるデータベースを構築します。あらかじめ搭載している100万件以上の企業情報や商談をはじめとする営業活動の情報も一元管理できるようにすることで、これまで気付けなかったビジネス機会を最大化し、売上の拡大を後押しします。また、名刺関連の業務や商談準備を効率化することで、社員一人ひとりの生産性を高め、コストの削減も可能にします。
https://jp.corp-sansan.com

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約データベース「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:67億48百万円(2024年2月29日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan  https://jp.sansan.com
Eight  https://8card.net
Bill One  https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース

遺伝性代謝異常症の世界市場シェア2024 YH Research 2024/06/21 YH Research 株式会社
病院用ベッドシーツの世界市場レポート2024-2030 YH Research 2024/06/21 YH Research 株式会社