6月16日(日)のシステムメンテナンスにつきまして、同日午前5:00の終了予定が午前6:15に遅延することとなりました。
現在は全てのサービスを通常通りご利用いただけます。お客様には多大なご迷惑をおかけ致しましたこと、心よりお詫び申し上げます。
最終更新時刻:9時24分

UCCが「アイスコーヒーに関する実態調査」を実施

2024/05/22  ユーシーシー上島珈琲 株式会社 

年間を通して「ホットコーヒーよりもアイスコーヒーをよく飲む」人は全体の約4割、20代では過半数がアイス派に!関西圏でも「レイコ―」呼びは絶滅危惧種!?使用者は20代で0%、30代で1.7%のみ

 UCC上島珈琲株式会社(本社/兵庫県神戸市、資本金/10億円、社長/朝田文彦、以下UCC)は、関東圏 (東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)及び関西圏(大阪府、京都府、兵庫県)の20~60代の600名の男女に むけて「アイスコーヒーに関する実態調査」を実施し、さまざまな視点で飲用実態を明らかにしました。主な調査結果は以下のとおりです。



■調査サマリー
⚫年間を通して「ホットコーヒーよりアイスコーヒーを飲むことが多い」と答えた人は約4割、なかでも20代は過半数がアイスコーヒー派であることが明らかになった。

⚫ ホットコーヒーを「自分で淹れる」と答えた人は約6割なのに対し、アイスコーヒーを「自分で淹れる」と答えた人は約3割とホットコーヒーの半分にとどまった。アイスコーヒーを自分で淹れない理由としては「面倒に感じる」が第1位で約5割、「淹れ方がわからない」が第2位で約3.5割であった。

⚫ 好きなアイスコーヒーの飲み方について、「ブラックで飲む」と回答した人は関東では約5割だったのに対し、関西では4割弱となり、関東の方がブラックを好む人が多く、地域差があることが明らかになった。

⚫ 「アイスコーヒー」を「レイコ―」と呼ぶことを「知っている」と回答した人は関西では8割超、関東でも約 6割であったが、「最も頻繁に使う呼び方」として「レイコ―」を挙げた人は関西でも60代の10%と大きく落ち込み、30代では1.7%、20代は0%と若い世代ではほとんど使用者がいないことがわかった。

<調査概要>
調査名称:アイスコーヒーに関する実態調査
調査期間:2024年4月26日(金)~2024年5月1日(水)
調査手法:インターネット調査
調査対象:関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)及び関西圏(大阪府、京都府、兵庫県)在住の、
20代~60代の男女600名
※引用、転載の際は出典元として『UCC 上島珈琲調べ』の明記をお願いいたします。

■「コーヒーをよく飲む場所」は男女ともに「自宅」が1位!
 年間を通して「ホットコーヒーよりもアイスコーヒーを飲むことが多い」と回答した人は全体の約4割に
「コーヒーをよく飲む場所」については、男女ともに大きな支持を持って「自宅」が1位(男性:89.3%女性:
96.3%)となりました。「自宅」に次ぐ回答としては、男性は「職場や学校」で飲むと答えた人が 58%だったのに対し、女性は「カフェや喫茶店」と答えた人が48.7%と、次点では男女でコーヒーの飲用シーンが異なることが分かりました。


 また、「ホットコーヒーとアイスコーヒーどちらを飲むことが多いか」という質問については、全体の約4割にあたる37%の人が「どちらかというとアイスコーヒーの方が多い、アイスコーヒーの方が多い」と回答しました。なかでも 20代は51.7%が「どちらかというとアイスコーヒーの方が多い、アイスコーヒーの方が多い」と回答し、過半数を超えることが分かりました。


■アイスコーヒーはホットコーヒーよりも淹れるのが難しい!?
「面倒に感じる」「淹れ方がわからない」との回答も
 普段飲んでいるコーヒーについて最も多いものを調査したところ、ホットコーヒーは「自分で淹れたもの」と答えた人が61.4%と、「自分で淹れたおうちコーヒー」を楽しむ人が過半数を占める結果となりました。一方で、アイスコーヒーについては「自分で淹れたもの」と答えた人は32.3%とホットコーヒーの半分にとどまり、アイスコーヒーは自分で淹れるよりも既製品や、コーヒーマシン、カフェで楽しまれることが多いということが分かりました。アイスコーヒーを自分で淹れない理由としては「面倒に感じる」が1位で47.5%、「淹れ方がわからない」が2位で34.8%でした。


■「アイスコーヒーに求めるもの」第1位は「すっきりさ」で51%!
関東在住の人は「ブラックで飲む」派が約5割、関西は4割弱と、関東はブラック派が多いことが明らかに
 「アイスコーヒーに求めるもの」については男女ともに1位は「すっきりさ」(51%)となりました。次点では、「コク」(34.5%)、「やわらかい口当たり」(31.7%)が続く結果となり、特に女性は「やわらかい口当たり」を求める人が39%と高い傾向となりました。
 好きなアイスコーヒーの飲み方については関東と関西で地域差が見られ、関東在住の人は「ブラックで飲む」派が48%であったのに対し、関西では38.7%となり、関東の方がブラックを好む人が多いことが分かりました。


■関西圏で親しまれる「レイコ―」呼びは絶滅危惧種!?
「最も頻繁に使う呼び方」として「レイコ―」を挙げた人は関西でも60代の 10%、20代では0%に
 関西圏では「レイコ―(または「冷コー」「レーコー」)」という名称で親しまれるアイスコーヒーですが、この呼び方を「知っている」と回答した人は関西では80.3%、関東でも63.3%となり、関西の方が認知度は高かったものの、関東でも過半数の人が知っていることが明らかになりました。関西での回答を詳しく見てみると、関西在住の 50~60代では90%以上が「知っている」と回答したのに対し、20代の回答は65%と、やや認知度が下がっていることも分かりました。


 また、「使ったことがある呼び方」を調査したところ、関西在住の60代の70%が「レイコ―」と回答した一方、30代では20%、20代では 11.7%と若い世代では「レイコ―」使用者は減っていることも分かりました。さらに「最も頻繁に使う呼び方」で「レイコ―」と答えた人については、関東在住にはおらず、関西在住であっても60 代の 10%と大きく落ち込み、30代では1.7%、20代は0%と若い世代ではほとんど使用者がいないことが分かりました。また、親しまれる呼び方として、「レイコ―」だけでなく、「コールコーヒー」、ミルクを入れたコーヒーを「ミーコ―」と呼ぶ人もいることが分かりました。


【ご家庭でアイスコーヒーを楽しむ際におすすめの UCC 製品】

<UCC ゴールドスペシャル>

■冷蔵庫で一晩置くだけ、お手軽にお店で飲むような味わいを楽しめる芳醇な香りとやわらかなコクが特長の『UCC ゴールドスペシャル コーヒーバッグ 水出しアイスコーヒー』
 お店で飲むアイスコーヒーのような、レギュラーコーヒーならではの味わいをおうちで手軽に楽しめる『UCC ゴールドスペシャル コーヒーバッグ 水出しアイスコーヒー』。アイス専用に焙煎・ブレンドし、芳醇な香りとやわらかなコクが特長の本格アイスコーヒーです。



■ロースターとしてのこだわりと惜しみない手間ひまにより、たどりついたたったひとつの味広がる香りと豊かなコクの『UCC ゴールドスペシャル アイスコーヒー』
 『UCC ゴールドスペシャル』は、UCC のロースターとしてのこだわりと惜しみない手間ひまにより、たどりついたたったひとつの味です。中でもアイスコーヒーは、広がる香りと豊かなコク。ブラックだけでなくミルクともよく合う味わいです。
詳細:https://www.ucc.co.jp/gold_special/ice/



<UCC ゴールドスペシャルプレミアム>
■夏限定「シトラスチル」で新感覚のアイスコーヒーをご家庭でもお楽しみください
 「発見のあるコーヒー」をコンセプトにコク、苦み、酸味だけではないコーヒーの奥に感じられる香りや味わいを楽しめる『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM』から夏限定の「シトラスチル」が登場。シトラスのような爽やかな味わいのコーヒーは今までにないすっきりとした飲み口で、アイスにもぴったりです。
『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM』は、長年 UCC が培ってきた「独自のロースティング」と「絶妙なブレンド」の技術を駆使した、プレミアムな味わいと香りのコーヒー。この夏ご自宅で、異なる味わいのアイスコーヒーを是非お試しください。
詳細:https://www.ucc.co.jp/gold_special_premium/ice/

【関連 URL】
・『UCC ゴールドスペシャル』ブランドサイト:https://www.ucc.co.jp/gold_special/
・『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM』ブランドサイト:https://www.ucc.co.jp/gold_special_premium/
・UCC 公式オンラインストア:https://store.ucc.co.jp/

【本件に関する一般のお客さまからのお問い合わせ先】
UCC 上島珈琲株式会社 お客様担当
TEL:078-304-8952
WEB:https://www.ucc.co.jp/customer/

他の画像

関連業界