抗菌コートカテーテルの世界市場動向分析2023-2029

2023/12/08  QYResearch 株式会社 

抗菌コートカテーテルとは、抗菌薬、消毒薬、金属含有製剤でコーティングまたは浸潤されたカテーテルを指す。抗菌性物質はカテーテルを被覆する場合もあれば、化学結合によってカテーテルに付着する場合もある。カテーテルの抗感染原理は、カテーテルが血液、体液、その他の液体にさらされると、抗感染物質がカテーテルの周囲に放出され、微生物に抵抗する抗感染環境を形成することで、カテーテルに定着した細菌の増殖や移動を防ぐというものである。
医療用カテーテルは、体腔、血管または管路に挿入可能なチューブであり、通常、体液、薬物または気体の投与、または体液または尿の体外排出を可能にする。
QYResearchが発行した新しい市場調査レポート「抗菌コートカテーテルの世界市場レポート 2023-2029年」によると、抗菌コートカテーテルの世界市場規模は2029年までに1.94十億米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は6.6%になると予測されています。
抗菌コートカテーテルの世界市場規模(百万米ドル)、2018~2029年
抗菌コートカテーテル世界トップ10社ランキング・市場シェア(随時更新)

他の画像

関連業界