国内初! 日清オイリオグループ株式会社の全国生産拠点のエネルギー調達から供給までを最適化~CO2排出量を約17%削減、コスト構造の変革も実現~

2017年10月13日 

2017年

国内初! 日清オイリオグループ株式会社の全国生産拠点のエネルギー調達から供給までを最適化
~CO2排出量を約17%削減、コスト構造の変革も実現~

2017年10月13日
日清オイリオグループ株式会社
JFEエンジニアリング株式会社

日清オイリオグループ株式会社(社長:久野 貴久、本社:東京都中央区、以下「日清オイリオ」)とJFEエンジニアリング株式会社(社長:大下 元、本社:東京都千代田区、以下「JFEエンジ」)は、「日清オイリオの生産拠点全体のエネルギー調達から供給までの最適化」を実施することで基本合意しました。

日清オイリオは従来から、安定した電力確保と環境負荷低減を目的として、各拠点で自家発電設備の増強や省エネ活動に取り組んでおります。またJFEエンジはコージェネレーションシステム※1や再生可能エネルギーを活用したオンサイトエネルギーサービス※2事業に積極的に取り組んでおります。
このたび、両社が協働し、「全社規模でのエネルギー融通の仕組み」の検討を進め、エネルギー調達から供給までの抜本的な見直しを行った結果、以下のとおり、合意に至りました。

(合意内容)
・日清オイリオの生産拠点である横浜磯子事業場、名古屋工場に、JFEエンジがコージェネレーションシステムを設置し、オンサイトエネルギーサービスを提供。
・JFEエンジは、上述のサービスで得られる電力と、自社の保有電源や送電ネットワークを駆使し、日清オイリオの他拠点(堺事業場、水島工場)へも電力を融通。これにより、日清オイリオの生産拠点全体の電力を安定的に確保。

全国に展開する生産拠点を対象にし、同時にエネルギー調達から供給までの最適化を行う今回の取り組みは、国内初となります。
本取り組みによる効果として、日清オイリオはCO2排出量を約17%削減できる見込みであり(2015年度比)、合わせて、コスト構造の変革を実現し、エネルギー調達費用も削減できる見込みです。
また今後、グループ会社を含む日清オイリオのその他生産拠点、事業所等へ本サービスを拡大することも検討してまいります。

日清オイリオは、今後もさまざまなエネルギー施策を継続的に実施していくことで、環境諸課題に対し一歩先行した取り組みを行い、“持続可能な社会づくり”を目指してまいります。また、JFEエンジはエネルギー分野のみならず、お客様のニーズに合わせたトータルソリューションをワンストップで提供してまいります。

*1 :発電時に発生する熱をエネルギーとして直接利用できるようにしたシステム。エネルギーを無駄なく利用するため省エネルギーが可能。

*2 :需要家の敷地内にエネルギー供給設備を設置し、電気や熱のエネルギー供給を行うサービス。一般に、エネルギー供給事業者が設備の保有や燃料調達、維持管理まで行い、エネルギー調達プロセスのアウトソーシングとして活用される。


日清オイリオのエネルギー調達から供給までの概念図


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
日清オイリオグループ株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報・IR課 TEL.03-3206-5109
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 TEL.045-505-8953

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら