約8割の方が平均睡眠時間が7時間未満と回答!日々の疲れを解消するには「質と時間の改善」が重要

2024/04/16  星野科学 株式会社 

質の鍵となる“お茶のリラックス成分”の認知度は、まだまだ高くないことが判明

星野科学株式会社(本社所在地:京都府宇治市、代表者:星野 正美)は20代~60代男女を対象に「日々の疲れの解消法」に関する調査を実施しました。現代において、疲れを感じている方は多くいるのではないでしょうか。

日々の疲れを効果的に解消するためには、睡眠が重要になってきます。
特に、緑茶に含まれる成分「テアニン」はリラックス効果や睡眠の質の改善に寄与するとされ、高い健康効果が期待されています。

そこで今回、茶テアニン使用商品の製造・販売を行う星野科学株式会社http://hoshinokagaku.co.jp/theanine-sales/index.html)は、20代~60代の男女を対象に、「日々の疲れの解消法」に関する調査を実施しました。調査概要:「日々の疲れの解消法」に関する調査
【調査期間】2024年3月21日(木)~2024年3月22日(金)
【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「PRIZMA」によるインターネット調査
【調査人数】1,006人
【調査対象】調査回答時に 20代~60代男女である と回答したモニター
【調査元】星野科学株式会社(http://hoshinokagaku.co.jp/theanine-sales/index.html
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
日々の疲れを感じている方は約7割もいることが判明


はじめに、「日々の疲れをどの程度感じやすいですか?」と質問したところ、『とても感じやすい(27.1%)』『比較的感じやすい(47.1%)』『あまり感じない(20.9%)』『まったく感じない(4.9%)』という回答結果になりました。

約7割の方が、日々の疲れを感じている傾向にあるようです。
では、その疲れをとるためにどのようなことを行っているのでしょうか。

「疲れをとるためにどのような活動を実施していますか?(複数回答可)」と質問したところ、『十分な睡眠を取る(65.2%)』と回答した方が最も多く、『入浴をする(44.8%)』と続きました。

疲れをとるためには入浴も効果的ですが、6割以上の方が十分な睡眠を取るように心がけている様子がうかがえます。
1日の睡眠時間で最も多いのは「6~7時間未満」という結果に


続いて、「日々の疲れを取るために、睡眠の質をどの程度重要視していますか?」と質問したところ、『非常に重要視している(21.0%)』『比較的重要視している(53.6%)』『あまり重要視していない(20.6%)』『まったく重要視していない(4.8%)』という回答結果になりました。

約7割の方が、睡眠の質を重要視していることが明らかになりました。
具体的にどのくらいの睡眠時間を取っているのでしょうか。

「平均的な1日の睡眠時間を教えてください。」と質問したところ、『6時間未満(29.7%)』『6~7時間未満(47.6%)』『7~8時間未満(18.2%)』『8時間以上(4.5%)』という回答結果になりました。

睡眠時間は6~7時間未満という方が最も多いようです。
では、睡眠に関してどのような悩みを抱えているのでしょうか。



「睡眠に関する悩みがあれば、具体的に教えてください。(複数回答可)」と質問したところ、『睡眠の質が悪い(中途覚醒、深い睡眠が取れない等)(44.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『睡眠時間が足りない(38.9%)』と続きました。

続いて「睡眠時間を増やしたい、または睡眠の質を改善したいと思いますか?」と質問したところ、約半数の方が『睡眠の質を改善したい(49.2%)』と回答し、4人に1人が『睡眠時間を増やしたい(25.0%)』と回答しました。

自身の睡眠の質が悪いと感じていると同時に、改善してぐっすりと眠りたいと考えている人は一定数いるようです。
テアニンが睡眠の質を向上させることを知っている人はまだまだ少ない?


お茶には眠気覚まし効果のあるカフェインの他、気持ちを落ち着かせる作用のある「テアニン」という成分が含まれていますがどのくらいの割合の方が、ご存じなのでしょうか。

「お茶の成分には気持ちを落ち着かせる作用のテアニンと、興奮させる作用のカフェインの両方が含まれていることをご存じですか?」と質問したところ、半数以上の方が『カフェインのみ知っている(54.2%)』と回答しました。

お茶にテアニンが含まれていることを知っている方は多くないようです。




続いて「テアニンが睡眠の質を向上させることをご存じですか?」と質問したところ、約8割の方が『いいえ(82.6%)』と回答しました。

テアニンが睡眠の質に影響を与えることを知っている方もまだ多くないようです。

さらに「市販サプリのテアニンにはお茶以外の成分から合成されたものがあることをご存じですか?」と質問したところ、約9割の方が『いいえ(90.2%)』と回答しました。

市販されているサプリメントの中にはテアニンを手軽に摂取できるものがありますが、お茶以外から合成された合成テアニンも見られるため注意したほうが良いかもしれません。

合成テアニンなどの食品添加物の安全性は厳格に管理されていますが不純物をきちんと取り除くことが大切です。

最後に「お茶由来のテアニンを増強したお茶やサプリがあれば摂取したいですか?」と質問したところ、約4割の方が『はい(42.5%)』と回答しました。

お茶にテアニンが含まれていることを知らない方はまだまだ多いものの、お茶由来のテアニンを摂取したいと考えている方が約4割もいるようです。
【まとめ】日々の疲れを取るためには質の高い睡眠が欠かせない。その解決策の一つとして「テアニン」が挙げられる
今回の調査で、20代~60代男女の約7割が日々の疲れを感じており睡眠の質を重要視していることが明らかになりました。

しかし、実際には「睡眠の質が悪い」「睡眠時間が足りない」といった睡眠に関する悩みも少なくなく、約半数が「睡眠の質を改善したい」と回答しています。

平均的に睡眠時間の少ない日本では、睡眠の質を改善するための効果的な手段を見つけることは重要なようです。

質を高めるために、まずは何ができるか考えることが必要かもしれません。
そこで睡眠の質の向上に効果的なテアニンを含むお茶を日常的に摂取するのも、よいのではないでしょうか。
毎日飲んでスッキリサポート!『茶テアニン』


今回、「日々の疲れの解消法」に関する調査を実施した星野科学株式会社では、粉末で簡単にテアニンを摂取できる『茶テアニン』(http://hoshinokagaku.co.jp/theanine-sales/index.html)を販売しています。

テアニンはお茶特有のアミノ酸ですので、自然界ではお茶以外にはありません。
(一部紅藻類に見られますが少量です)
従って、お茶から抽出して製造するのが普通ですが、その含量は少なく、比較的多く含む(それでも2%程度)高級な覆い茶から抽出する必要があります。

▼本製品は【機能性表示食品】です。
・本品にはL-テアニンが含まれます。L-テアニンには質の良い睡眠(朝、目覚めた時の疲労感や眠気を軽減)をサポートする機能があることが報告されています。
・また、L-テアニンには一過性の作業にともなうストレスをやわらげる機能があることが報告されています。

機能性表示食品届出表示:本品にはL-テアニンが含まれます。L-テアニンには質の良い睡眠(朝、目覚めた時の疲労感や眠気を軽減)をサポートする機能があることが報告されています。また、一過性の作業にともなうストレスをやわらげる機能があることが報告されています。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

本品は、事業者の責任において特定の保険の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

■【茶テアニンのこだわり】
1.機能性アミノ酸 茶由来テアニンを抽出
2.お茶由来のテアニンを100%使用
3.持続可能な原料の使用
4.研究型メーカーによる開発設計
5.品質本位の製品づくり


詳細はコチラ:http://hoshinokagaku.co.jp/theanine-sales/kodawari/index.html

■星野科学株式会社:http://hoshinokagaku.co.jp/theanine-sales/index.html
■TEL:0774-22-6699
 

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース