【意識調査】なりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いしてクリックやタップをした割合は37.2%。印象が悪いと感じる割合は57.4%。

2024/04/16  株式会社 オンジン 

社会問題に発展している、SNSで蔓延中の「なりすまし広告」に関する意識調査を実施



株式会社オンジン(本社:愛知県一宮市、代表取締役:今井悠人)は、実業家の前沢友作氏や堀江貴文氏をはじめとする著名人が、SNSの投資詐欺広告に肖像や名前を無断使用されている、なりすまし広告に関する意識調査を実施しましたので、お知らせいたします。

調査結果サマリー
- FacebookやInstagramなどのSNSで著名人のなりすまし広告を見たことがある割合は65.9%
- なりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いしてクリックやタップをした割合は37.2%
- なりすまし広告に出ている著名人に対して印象が悪いと感じる割合は57.4%。

調査概要
- 調査内容:著名人のなりすまし広告に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年4月14日~4月16日
有効回答:479名
回答者属性:SNSを利用している20代~60代

※本リリースの引用・転載時のお願い
調査結果を引用する際は下記の調査元記事リンクを合わせて記載ください。
https://onjin.co.jp/blog/survey-5
調査詳細
Q1. FacebookやInstagramなどのSNSで著名人のなりすまし広告を見たことがありますか?


「はい」が65.9%を占め、見たことのある人が6割を超える結果となっています。
Q2. なりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いしてクリックやタップをしたことはありますか?


「はい」が37.2%となりました。約4割の人がなりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いして、クリックやタップをした結果となっています。
Q3. なりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いしてクリックやタップをしたことはありますか?(年代別)


なりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いして、クリックやタップをした割合が最も高い年代は30代となっています。
Q4. なりすまし広告に出ている著名人に対してどんな印象を持ちますか?


「悪い感じる」と「どちらかといえば悪いと感じる」と回答した方の割合を足し上げると57.4%となりました。よって約6割がなりすまし広告に出ている著名人に対して印象が悪いと感じると言えます。
Q5. なりすまし広告に出ている著名人に対してどんな印象を持ちますか?(年代別)


「悪いと感じる」割合が最も高い年代は30代です。「印象の変化はない」割合が最も高い年代は50代となっています。
調査結果の元記事はこちら:https://onjin.co.jp/blog/survey-5
調査結果のまとめ
なりすまし広告を著名人本人が出している広告だと勘違いしてクリックやタップをした割合は37.2%。印象が悪いと感じる割合は57.4%という結果になりました。

なりすまし広告は「著名人本人になりすました犯人がLINEなどで投資を呼びかけ、金を騙し取る」というのが手口です。その入り口は、Meta社が運営するFacebook、Instagramの広告が中心となっています。

警察庁の集計によると、なりすまし広告による都内での被害は、去年1年間で少なくとも210件、およそ38億円に上っています。プラットフォーム側の広告チェック体制に課題がある状態ではありますが、不審なもうけ話にだまされないよう、なりすまし広告をクリックやタップをしないよう対策をしていく必要があるでしょう。
会社概要
- 会社名  :株式会社オンジン
- 所在地  :〒491-0115 愛知県一宮市浅井町西海戸421番地
- TEL   :0586-78-0784(プレスリリースの件とお問合せ下さい)
- メール  :y-imai@onjin.co.jp
- 事業内容 :Web広告の運用代行、コンテンツマーケティングの支援、オウンドメディアの運営
- URL   :https://onjin.co.jp/
- 担当者  :今井悠人


他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース