完全栄養食のパイオニア ベースフード、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)に入会

2023/12/03  ベースフード 株式会社 

~食の先端技術産業化を推進し、スタートアップ推進ビジョンとWell-beingを個別最大化する新たなヘルスケアの実現へ~

世界初(*1)の完全栄養(*2)の主食を開発・販売するベースフード株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:橋本舜、https://basefood.co.jp、以下当社)は、2023年12月1日付けで一般社団法人 日本経済団体連合会(以下、経団連)に入会したことをお知らせします。




経団連入会の目的


当社はフードテックスタートアップとして、「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに。」をミッションに、世界初の完全栄養の主食「BASE FOOD」シリーズの製造・販売や、「BASE FOOD ヘルスケアアプリ」の提供など、ディープテックおよびデジタルテックへの積極的な投資により、食の先端技術産業化を牽引し、健康インフラを構築することを目指しています。
今後当社は、経団連の一員となることで、以下経団連の掲げるビジョンの実現に貢献すると共に、会員企業様と連携しながら、日本経済の活性化とベースフードのミッション実現に向けて、より一層邁進していきます。

1.「スタートアップ躍進ビジョン」
経団連が2022年に発表した「スタートアップ推進ビジョン」では、社会課題の解決やイノベーションを生む仕組みとして、スタートアップを最も優れたスキームのひとつと位置付けており、日本経済全体を浮揚させる最も重要な課題として、世界的な成功を収めるスタートアップが数多く生まれ出るためのエコシステムの抜本的強化を掲げています。
当社は、これまでの事業活動を通じて得た知見を活かし、スタートアップエコシステムの強化とイノベーションを推進し、日本経済の活性化に寄与していきたいと考えております。

2.「Well-beingを個別最大化する新たなヘルスケア」
2020年に発表された「。新成長戦略」において、「Well-beingを個別最大化する新たなヘルスケア」が成長戦略の一部として掲げられ、個人のWell-being・健康寿命の向上や社会保障制度の持続性確保を目指すと述べられています。
当社は「BASE FOOD」シリーズの製造・販売、また「BASE FOOD ヘルスケアアプリ」等の提供を通じて、これら実現に貢献していきたいと考えております。

日本経済団体連合会(経団連)について


経団連は、日本の代表的な企業1,515社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体、地方別経済団体155団体などから構成されています(2022年11月7日現在)。その使命は、総合経済団体として、企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、日本経済の自律的な発展と国民生活の向上に寄与することにあります。

世界初の完全栄養の主食「BASE FOOD」とは


「BASE FOOD」は、1食で1日に必要な栄養素の1/3がバランスよくとれる世界初の完全栄養の主食です。すべての商品に合成着色料、合成保存料は一切使用せず、全粒粉や大豆、チアシードなど主に自然由来の厳選した10種類以上の原材料を使用しながら、栄養バランスとおいしさを独自のテクノロジーによる配合と製法で実現しています。たんぱく質や食物繊維、26種類のビタミン・ミネラルなど1日に必要な33種類の栄養素をとることができる”スマートフード”です。
2017年2月の販売開始から、BASE PASTA、BASE BREAD、BASE Cookies、BASE FOOD Deliとシリーズを増やし、累計販売数は1億5千万袋を突破、定期購入者数は20万人を超えました(2023年9月時点)。
世界初の完全栄養の主食「BASE FOOD」シリーズ

ベースフード株式会社 概要


当社は、「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに。」をミッションに掲げ、2016年にスタートしたフードテック企業です。日本における完全栄養食のパイオニアとして、「かんたん・おいしい・からだにいい」のすべてをかなえる新しい主食を提案し、すべての人が食事を楽しみながら、健康があたりまえになる社会の実現を目指しています。
 
設立 : 2016年4月5日
本社 : 東京都目黒区中目黒5-25-2
代表者 : 橋本舜
事業内容 : 完全栄養食の開発・製造・販売
URL : https://basefood.co.jp


*1 主食(パン類、パスタ、クッキー)において、1食(BASE PASTAは1袋、BASE BREADは2袋、BASE Cookiesは4袋、BASE FOOD Deliは1袋)あたり*2を満たし、栄養成分表示に表記している商品(2022年5月Mintel社データベースを使用した当社調べ) 
*2 農林水産省の定める栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いた(*3)すべての栄養素で、1日分の基準値の1/3以上を含む
*3 ベースフード社の独自調査により、脂質や炭水化物等を過剰摂取しがちな現代人の食生活を考慮の上、健康を維持するために必要な栄養素を選定 

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース