空気熱源ヒートポンプの世界市場:規模、現状、予測2024-2030 YH Research

2024/03/01  YH Research 株式会社 

世界の空気熱源ヒートポンプ市場概要

空気熱源ヒートポンプは、家庭に効率的な冷暖房を提供することができる。適切に設置された場合、空気熱源ヒートポンプは、それが消費する電気エネルギーの最大3倍の熱エネルギーを家庭に供給することができます。これは、ヒートポンプが燃焼式暖房システムのように燃料から熱を変換するのではなく、熱を移動させるから可能なのだ。

YHResearchが発行した最新市場調査レポート「グローバル空気熱源ヒートポンプのトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」によると、空気熱源ヒートポンプの世界市場規模は2022年に23442百万米ドルと推定され、2029年には65729百万米ドルに改定され、予測期間2023-2029年の年平均成長率は15.3%で成長すると予測されています。

グローバル空気熱源ヒートポンプのトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024

市場促進要因 :

近年、世界がカーボンニュートラルの目標達成に向けた行動を推進する中、エネルギー構造の転換を加速することが各国のコンセンサスとなっている。この過程で、空気熱源ヒートポンプはクリーンエネルギーとして広く利用されるようになり、空気熱源ヒートポンプ給湯器は長期的な発展を遂げた。欧州ではエネルギー不足が続き、欧州各国では高額の補助金による刺激政策が相次いで導入されていることから、欧州における空気熱源ヒートポンプの需要は旺盛で、空気熱源ヒートポンプ産業の高速発展を効果的に促進している。

図. 空気熱源ヒートポンプの世界市場規模(百万米ドル)、2018年、2022年、2029年
本レポートは、ダイキン工業、三菱電機、富士通ゼネラル、LGエレクトロニクス、ハイアール、パナソニック、Carrier、Midea、NIBE、Glen Dimplex、Bosch Thermotechnik、Vaillant、Gree、A. O. Smith、Phnixなど、世界の空気熱源ヒートポンプの主要プレーヤーを紹介しています。

2022年には、世界の空気源ヒートポンプの上位5社は、売上高で市場シェアの29.7%を占めている。上図は、世界の空気熱源ヒートポンプの収益でランク付けされた主要プレーヤーを示しています。

製品タイプ別では、空対空気タイプが最大のセグメントで、2022年の市場規模では51.7%のシェアを占め、空対水タイプは48.3%を占めている。

消費に関しては、アジア太平洋地域が最大の消費市場で、2022年の市場シェアは36.1%である。今後数年間の年平均成長率は約21.3%で、欧州が最も急成長すると予想される。

図. 空気熱源ヒートポンプの世界市場規模、地域別内訳(消費量)
著者について

Chen -筆頭著者



YHResearchについて



YH Research(YHリサーチ)は、主に市場調査レポート、業界調査レポート、カスタムレポート、IPOコンサルティングサービス、ビジネスプランなどを提供し、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つデータ・情報を提供しています。今まで世界100か国以上にわたって、6万社以上の企業に産業情報サービスを提供してきました。





◇レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら

https://www.yhresearch.co.jp/reports/538572/air-source-heat-pump



【企業に市場調査レポートを提供するYH Research株式会社】
https://www.yhresearch.co.jp

世界5カ国に拠点を置き、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つ市場調査レポートを提供します。


【本件に関するお問い合わせ先】
YH Research株式会社
住所:東京都中央区勝どき五丁目12番4-1203号
TEL:050-5840-2692(日本);0081-5058402692(グローバル)
マーケティング担当:info@yhresearch.com

他の画像

関連業界

関連キーワード

情報・通信業界のニュース