県内における「ヒアリ」の確認について

2017年08月09日 

県内における「ヒアリ」の確認について

8月6日(日曜日)に水島港国際コンテナターミナル(倉敷市)において、特定外来生物であるヒアリが発見されました。
ヒアリは南米中部原産のアリで、強い毒を持ち、人体への被害の報告もあります。
発見された個体はすべて駆除されましたが、約200匹が見つかっており、女王アリとみられる個体も含まれていたことから、周辺への分布も懸念されますので、ご注意ください。
なお、身近な場所で見つけた時には、絶対に素手で触ったり、いたずらに刺激せず、最寄りの市町村役場等にご連絡ください。

チラシ(ヒアリにご注意 !!/両面) [PDFファイル/492KB]




※ヒアリの詳細については、次のホームページをご覧ください。

特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを見た人は、こんなページも見ています

この企業のニュース