方向性電磁鋼の市場動向および予測:タイプ別、アプリケーション別、会社別、地域別2024-2030

2024/02/07  QYResearch 株式会社 

方向性電磁鋼市場の概要
QYResearchが発行した最新市場調査レポート「方向性電磁鋼―グローバル市場シェアとランキング、全体の売上と需要予測、2024~2030」によると、方向性電磁鋼の世界市場規模は2029年までに119億5000万米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は4.0%になると予測されています。

市場促進要因:
世界各国が電力インフラの整備・拡大に投資を続ける中、効率的に送配電できる変圧器のニーズが高まっています。優れた磁気特性を持つGOESは、送電時のエネルギー損失を最小限に抑える高効率変圧器の建設を可能にします。風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーを電力網に統合するには、効果的な電力変換と配電システムが必要です。GOESは、再生可能エネルギー源から発電された電力の効率的な送電を促進する変圧器の製造に利用され、送電網の安定化とエネルギー利用の最大化に貢献しています。新興国では急速な工業化と都市化が進み、電力消費量が増加しています。このため、電力インフラの拡大と高性能変圧器の使用が必要となっている。

制約:
GOESの生産には、特定の合金と高品質の鋼材が必要である。鉄鉱石やシリコン、マンガンなどの様々な合金元素などの原材料の価格は、世界的な需給関係、貿易政策、地政学的な出来事などの要因によって大きく変動する可能性があります。このような価格変動は、GOESの製造コスト全体に影響を及ぼし、生産者にとっては利益率管理上の課題となります。主要国の景気後退や不安定化はGOES市場に影響を与える可能性がある。景気後退期には、インフラや産業プロジェクトへの投資が減少し、GOESの需要に影響を与える可能性があります。景気変動はまた、不安定な原材料価格や為替レートの変動につながり、さらに市場に影響を与える可能性がある。政府が課す貿易政策や関税は、GOES市場に影響を与える可能性がある。電気鋼材の輸出入に関する貿易紛争や制限は、サプライチェーンを混乱させ、価格設定に影響を与え、メーカーの市場アクセスを制限する可能性がある。

機会:
産業界が機器やシステムの最適化を模索する中、軽量設計を目指す傾向がある。GOESメーカーは、材料全体の重量を減らしながら磁気特性を向上させた高度なグレードの電気鋼の開発に取り組んでいます。この傾向は、さまざまな産業で高性能でありながら軽量な部品への需要が高まっていることと一致している。特にアジア太平洋地域の新興国では、急速な工業化とインフラ整備が進んでいる。このため、電力インフラの拡大を支えるGOESを含む電気鋼材の需要が高まっている。市場関係者は、電力と関連機器の需要増を活用するため、こうした新興市場をターゲットにしている。
方向性電磁鋼の世界の主要メーカーには、Baowu Group、新日鉄、NLMK、AK Steel (Cleveland-Cliffs)、Shougang、Posco、ThyssenKrupp、JFE Steel、Stalprodukt S.A.、Chongqing Wangbianなどが含まれる。2022年には、世界の上位5社の売上高シェアは約62.0%であった。

製品タイプ別では、現在、高磁場強度が最大のセグメントで、78.9%のシェアを占めている。

製品の用途別では、現在変圧器が最大のセグメントで、91.2%のシェアを占めている。

著者について
Jiquan Zhai - 主執筆者

QYResearchについて
QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された、世界有数の市場調査・コンサルティング会社です。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。
QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートデバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター、発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

【レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら】
https://www.qyresearch.co.jp/reports/784967/grain-oriented-electrical-steel

■世界トップレベルの調査会社QYResearch(QYリサーチ)
https://www.qyresearch.co.jp
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
日本の住所:〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

関連業界

法人サービス業界のニュース