製麺機の買い替えでメーカー・年式不問の無料下取り・引き取りキャンペーンを開始。古い製麺機や危険な製麺機の廃棄をサポートし、自家製麺をもっと安心安全にします。

2023/12/10  株式会社 大和製作所 

日本の製麺作業を安心安全な環境に変え、引き取りした機械は無駄なくリサイクルすることで産業廃棄を削減。

製麺機の製造・販売を行う大和製作所(本社:香川県)は、古い製麺機を使用中のラーメン店・うどん店・そば店の方に向けて弊社製麺機を買い替え頂いた際に、古い機械を無償でお引取りするサービスを開始いたします。 年内にすぐ新しい製麺機が必要な方には、台数限定で年内納品をご用意しております。 下取り・引き取りキャンペーン:https://www.yamatomfg.com/noodle-machines/noodle-machines-purchase/ 調査会社:東京商工リサーチによると2023年1月から8月までのラーメン店の倒産は、前年同期比の3.5倍と激増しています。電気代や原材料が高騰する中、苦しんでいる麺ビジネス業界を創業48年の麺ビジネス繁盛支援会社として、全力でご支援して参ります。 出典元(東京商工リサーチ):https://www.tsr-net.co.jp/data/detail/1197979_1527.html


下取り、引き取りキャンペーンについて


株式会社大和製作所では、従来から自社製麺機の下取りとお引取りをしておりましたが、今回のキャンペーンより、弊社製麺機への買い替えを頂いた際に、製造元メーカーを問わず古い製麺機を無償でお引取りするサービスを開始することとなりました。弊社製麺機の搬入の際に、古い製麺機の搬出、お引取りを弊社にて無料で実施し、 新たに製麺機の設置をさせていただきます。


キャンペーン情報


キャンペーン期間:2024年3月31日まで
キャンペーン対象:弊社製麺機をご購入の方
キャンペーン内容:古い製麺機の下取り、無償引き取りサービス
キャンペーンURL:https://www.yamatomfg.com/noodle-machines/noodle-machines-purchase/


【今月限り】
2023年12月20日までにご契約の方に限り、下記の製品を2023年内に納品可能です。
製麺機の納品日につきましては、弊社までご相談ください。
年内納品は、台数に限りがありますので、お早めにご連絡ください。
うどん用製麺機「真打」【1台限り】、カッター無し真打【1台限り】
最高の手打うどんを完璧に再現する業界ベストセラー機です





ラーメン用製麺機「リッチメン 10kgミキサー」【1台限り】
1台で全国各地のラーメンや餃子を自家製麺できます





そば用製麺機「坂東太郎プラス」【1台限り】
プロの手打職人も納得の十割蕎麦が簡単に打てる製麺機です





足踏み式の麺生地鍛え装置「AFP6」【3台限り】
うどんや多加水ラーメンの生地づくりを機械化し、楽に量産できる機械です




自家製麺の課題と実情について


ラーメン店・うどん店・そば店の自家製麺では、業務用の製麺機が用いられているケースがほとんどです。これらの店舗において、誰でも簡単に楽しく自家製麺ができる日本にするためには、美味しい麺が作れる製麺機、安全装置が付いた製麺機の導入が必要不可欠になります。
しかし、先代から受け継いだ古い製麺機、中古や安価な製麺機では安全装置が無いことが多く、作業中に指や腕を落としてしまったり、命に関わる大怪我を負うケースが発生しています。また、製麺機の製造元メーカーが廃業していたり、年式の古い製麺機では、修理・メンテナンスが受けられず製麺機を安全な状態に保てません。
安全な製麺機への入れ替えが求められたとしても、昨今の厳しい飲食店運営のなか、古い機械の廃棄コストが大きな負担となっています。そのため、今のまま危険で不安定な製麺機を使い続けざるを得ない、といった状況が自家製麺の現場で起こっているのです。

最新製麺機は、重労働の工程の改善、使いやすさなど、多数の問題点が改善されており、安全性に加えて、業務効率化も促進できるメリットがあります。さらに、ラーメン店・うどん店・そば店の人気の秘訣である麺の美味しさを向上させ、集客にも繋がります。
昨今の原材料費、光熱費、人件費の高騰のなか「価格を上げることができない」という課題に対して最新製麺機による麺の美味しさUP美味しい麺作りのノウハウも弊社の製麺機をお使いの方にはご提供させていただいております。と業務効率化を両輪で進めることで、経営状況の改善にも貢献できます。


他社製麺機から弊社製麺機へ買い替えされたお客様の声



他社のラーメンの機械を使用していましたが、ベアリングがしょっちゅう壊れていました。修理も遅いし、しまいには「そんな低加水は機械が耐えられない」と言われ憤慨されました。「購入後にそんなこと言うな!」と。それから大和さんに相談するようになりました。




元々、先代の時から50年近く使用していた古い製麺機を使用していて、安全装置が無く危ないし、ギアが摩耗で溝がなくなり製麺が困難になり大和さんに相談しました。相談に行く数日前に、工場長が切刃のギアに小指を巻き込まれて指がちぎれましたが、手術でなんとか繋がりました。




既にメーカーが倒産してしまった古い製麺機を使っていますが、製造元メーカーもなく、安全装置もない危険な状態でした。女性やパートさんに作業をさせられないため、大和さんに買い替えの相談をしました。




コンパクトになったため、スペースに余裕が生まれました。動線が取れるようになり、製麺しやすくなりました




大和さんはメンテ等もちゃんと対応してくれます。機械も古くなったし、最新機種で製麺性が上るのであれば信頼している大和の製麺機に、と買い替えました。




他社の麺機を使用していましたが、その会社は倒産していて、メンテナンス等に困っていました。知り合いから大和が良いと聞いて買い替えました。




大和の安全性やメンテナンス等の対応の良さは、他の人から聞いていました。製麺デモに行くと安全性もよく使い勝手も良いと感じて大和に決めました。




他社のニーダーでうどんを作っていましたが、食べてみたらプレス機を使用したほうが美味しいと思いました。




ラーメン用製麺機では、麺の厚みをダイヤルを見ながら0.1ミリ単位で調整できるし、安全に配慮されていて作業が安心です。




ミキサーは、前の機械に比べて、とにかく安全なので、安心して生地を練ることができるようになりました。加水の蓋も透明で簡単に生地の状態が確認できます。音が静かになり、余計なストレスがなくなりました。




坂東太郎に入れ替えた結果、包丁切りで角が立つようになり、切幅も安定しており使いやすいです。以前のメーカーは、中々修理に来てもらえなかったが、大和さんの営業所は近くにあるから安心して機械を使えます。




製麺機のメーカー不明で修理が不可の状態でした。大和さんに相談して買い替えることにしました。




元々、他社のラーメン用機械を使用していましたが、大和さんの考え方に共感し、大和さんとお付き合いしたいと導入を決めました。




過去の製麺機は、とても古く、使用を続けるのが危ない状況でした。新型の製麺機に替えて、安心して使えるようになりました。




元々、他社製麺機を使用していましたが、作業性が遅く、大和さんの方が早かったです。大和さんは要望を聞いて改良にも協力的な姿勢が印象的で買い替えをすることにしました。




以前、自分が使用していた製麺機のミキサーと比べて、音が静かで驚きました


下取り後の製麺機の適切なリサイクル


大和製作所では、製麺機の製造・販売だけでなく、新しい製麺機へ入れ替えしたい方をサポートする取り組みとして買い替え後の古い製麺機を無料引き取りし、無駄なくリサイクルしてまいります。
自社製麺機の買い替えの場合は、下取りした製麺機をオーバーホールし最新の安全センサーを搭載し正規中古品として再販売いたします。他社の製麺機は、お引取りした製麺機から一部の部品をリユースし、メンテナンスが受けられない製麺機をご使用中の方へのサポートに役立てるなど適切な方法にてリサイクルを進めてまいります。


大和製作所について


【使命】
豊かな日本の麺文化、食文化を広め、幸せな驚きで世界を包む

製麺機の開発・製造・販売、ゆで卵や温泉卵調理機器、麺類店の成功ノウハウを提供する大和麺学校の運営を手掛ける繁盛支援会社です。
創業48年間、ラーメン・うどん・そば・生パスタ等の麺の美味しさにこだわった小型製麺機、365日メンテナンス、自家製麺のレシピづくりや課題解決ノウハウ等、独自の製品・サービスを通して、お客様の成功をサポートしています。

【会社概要】
会社名:株式会社大和製作所
代表者:藤井 薫(令和5年秋 旭日単光章 受章)
資本金:90,000千円
設 立:1980年4月1日
創 業:1975年10月24日
事業内容:
うどん・そば・ラーメン用製麺機 開発製造販売
ゆで卵・半熟卵の調理機器 開発製造販売
うどん・ラーメン・そば学校の運営
麺専門店経営・店舗運営相談
所在地:〒769-0203 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37番4
企業URL:https://www.yamatomfg.com/

【拠点情報】

日本国内拠点(7箇所)
●ドリームスタジオ札幌
〒001-0012 北海道札幌市北区北12条西4丁目2-5 ワールドレジデンス札幌1F
TEL:011-374-8656
FAX:011-374-8585

●ドリームスタジオ仙台
〒984-0030 宮城県仙台市若林区荒井東1丁目8-4 アライデザインセンター2 B号
TEL:022-782-3393
FAX:022-782-3394

●ドリームスタジオ東京
〒140-0001 東京都品川区北品川一丁目8番11号 Daiwa品川Northビル1階
TEL:03-6712-1875
FAX:03-6712-1876

●ドリームスタジオ名古屋
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内 3-6-41 DDSビル 1階(旧ビル名称:Liv. ビル)
TEL:052-962-1808
FAX:052-962-1800

●ドリームスタジオ大阪
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目12-42
TEL:06-6155-7800
FAX:06-6155-7801

●ドリームスタジオ香川
〒769-0203 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁37-4
TEL:0877-85-6238 / 0120-45-1002
FAX:0877-56-7317

●ドリームスタジオ福岡
〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原3丁目8-25 塩原泉屋ビル1F
TEL:092-555-4129
FAX:092-555-3639

海外拠点
●ドリームスタジオ アムステルダム(オランダ)
●ドリームスタジオ テキサス(アメリカ)
●ドリームスタジオ シンガポール
●ドリームスタジオ ソウル(韓国)

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース