新規ミトコンドリア分裂因子を発見

2023/05/16  国立研究開発法人 理化学研究所 

2023年5月16日

新潟大学
微生物化学研究所
北海道大学
生命創成探求センター
生理学研究所
理化学研究所
ミシガン大学

新規ミトコンドリア分裂因子を発見

-マイトファジーの過程におけるミトコンドリア分裂のメカニズムを解明-

ミトコンドリアオートファジー(マイトファジー)は、オートファジーがミトコンドリアを選択的に分解する現象であり、ミトコンドリアの品質管理に重要な役割を果たします。マイトファジーの過程で、ミトコンドリアはオートファゴソームと呼ばれる球状の脂質膜に包まれます。この際に、大きなミトコンドリアが小さなオートファゴソームに包み込まれるメカニズムは、長らく不明でした。

新潟大学大学院 医歯学総合研究科の福田 智行 准教授、古川 健太郎 医学部准教授、神吉 智丈 教授、微生物化学研究所の丸山 達朗 上級研究員、北海道大学 遺伝子病制御研究所の野田 展生 教授らの研究グループは、新規のミトコンドリア分裂因子であるMitofissin(Mitochondrial fission protein、マイトフィッシン)を発見し、この因子がマイトファジーの際にミトコンドリアをオートファゴソームに収まる大きさに分裂させることを明らかにしました。また、Mitofissinは、ミトコンドリア膜に直接作用して膜を切断することができるため、分裂の機序に関するこれまでの概念を覆す新たなメカニズムで作用することも明らかにしました。本研究は、マイトファジーの分子機構について未解決であった問題を解明しただけではなく、オルガネラ(細胞小器官)の形態変形に関する全く新しいメカニズムの存在を明らかにした点でも、重要な成果です。

本研究は、生命創成探究センター/生理学研究所の村田 和義 特任教授、理化学研究所 生命機能科学研究センターの岡田 康志 チームリーダー(東京大学大学院 医学系研究科 教授)、新潟大学の芝田 晋介 教授、米国ミシガン大学 Daniel J. Klionsky 教授らとの共同研究で行われました。

詳細は新潟大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
お問い合わせフォーム

関連業界

化学・医薬品業界のニュース