当業界の全産業内での位置づけ

総合小売業は各産業と関連を持つ、消費者接点としての流通の要

 総合小売業は各種産業の中でも多くの産業との関連性の深い産業であるが、参入企業が一定規模以上の企業に限られるため産業としてみると裾野は狭く、その規模はそれほど大きくない。名目GDPの値は統計上、専門小売業も合わせたすべての数値で30兆円(5.5%)、就業者数で42万人(0.6%)程度の産業となる。但し、総合小売はその品揃えの幅と深さから、百貨店やGMSなど大規模化しやすくバイイングパワーを持ちやすい。消費者接点の要となることからも、多くの業界に対して影響力のある産業といえよう。